カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 食べすぎ注意!高齢者のめまいと食事

介護・認知症

食べすぎ注意!高齢者のめまいと食事

 

高齢者のめまいを予防する食事がある一方で、摂取を避けたいものもあります。

めまいを起こしやすい高齢者は、次のような食品を控えめにしましょう。

 

 

塩分

塩分過多の食生活は、高血圧や動脈硬化を招きます。

血圧の急激な昇降、動脈硬化による血流悪化がめまいを誘発します。

塩分の摂取量は、1日7gが目安です。

 

塩分を控えるとともに、体外に塩分を排出する働きを持つ果物・野菜類をたっぷり食べてください。

 

 

カフェイン

自律神経の乱れから、めまいがおこります。カフェインを摂取すると、副交感神経の働きが妨げられてしまいます。

カフェインが含まれているものは、コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンク・チョコレートなどです。

これらは、リラックスできるお茶の時間に欠かせない飲み物です。

カフェインを含まない、麦茶やカフェインレスのコーヒー、ハーブティーに替えてみましょう。

 

 

飽和脂肪酸

サラダ油・肉類・お惣菜の揚げ物などに含まれる飽和脂肪酸は、動脈硬化の原因になります。

さらに内耳炎・中耳炎など内耳に炎症を起こしやすく、内耳に由来するめまいでは避けた方が良いでしょう。

 

 

アルコール

アルコールを多量に摂取すると小脳が委縮し、めまいが頻発します。

アルコールが直接めまいを起こさなくても、日ごろからめまいが多い高齢者は、酔いとめまいで転倒する危険があります。

適度なアルコールはリラックスをもたらしますが、深酒は危険です。

 

 

どの食品も、全く口にしてはいけないものではありません。バラエティ豊かな食事は、気分転換にもなります。適量を守って、食事を楽しんでください。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/10/18-029683.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目に関する記事

生活習慣から防ぐ高齢者のめまい

  高齢者のめまいは、病気によるものでなければ、日常生活の中で予防すること...

高齢者のめまいと起立性低血圧

  高齢者のめまいには、低血圧と関係して起こるものが多くあります。その中で...


高齢者のめまい予防食!血液をサラサラにする食品を食べよう♪

  高齢者のめまいを改善するためには、食習慣の見直しが効果的です。めまいを防止...

高齢者のめまい 加齢によるめまいの主な原因って?

  高齢者にめまいが多発するのは、加齢などによって身体にさまざまな変調をき...

カラダノートひろば

目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る