カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. >
  6. 子どもを虫歯にさせない!そのための3つのコツとは

育児・子供の病気

子どもを虫歯にさせない!そのための3つのコツとは

子どもを虫歯にはさせたくない!

綺麗な歯をずっと守ってあげたいという思いは、どの親も一緒です。

そんな綺麗な歯をずっと守ってあげるにはどうすればいいか?をご紹介します。

 

歯磨きのすすめ

乳歯はいずれ抜け永久歯に生え変わります。

だからといって歯磨きをおろそかにしてしまうと、虫歯になってしまいます。

すると、次に生えてくる歯にも少なからず影響があります。乳歯でも歯磨きをしっかり行いましょう。

 

そして意外と歯に影響を与えているのは、日頃の生活習慣だということを知っていますか?

歯に悪い生活習慣も併せてご紹介します。 

 

1.正しい歯磨きで虫歯にさせない! 

むし歯は一度できてしまうと、元には戻りません。治療よりも予防が重要となります。

 

1.歯茎と歯の境目に歯ブラシを斜めにあて、上の歯は上から下に向かって歯ブラシを動かします。 

下の歯は下から上に向かって歯ブラシを動かします。 

横磨きは、歯茎と歯の間や歯と歯の間にはさまった食べ物のかすが取れにくく、歯がけずれてしまうのでやめましょう。

 

2.口をゆすぐことのできる子供には、水でゆすいでもらい、できない子は、水を飲ませるまたは濡れたガーゼで拭き取りましょう。 

2~3歳の子は、歯間ブラシやフロスはあまり必要がありませんが、慣れさせるためにもさせておいたほうが良いでしょう。 

 

2.生活習慣で虫歯にさせない!

一日中何かを口に含ませる『ダラダラ食べ』や『おやつの与えすぎ』、『甘いジュースの与えすぎ』には注意しましょう。

生活習慣が乱れている子というのは、虫歯が多くみられます。もし虫歯になってしまったら、なおすべき生活習慣がないかチェックしましょう。 

 

3.歯に良い食事で虫歯にさせない!

歯を頑丈にする食べ物    …いりこ、チーズ、ひじき、牛乳、海藻

歯をつくる元の食べ物    …たまご、牛乳、魚、納豆、肉、チーズ

歯を守るエナメル質を強化する…トマトや人参、ピーマンなどの緑黄色野菜

 

歯を綺麗に保つためには、以上の3点が重要となります。

 

いつまでも丈夫な歯を保つためにも、歯が生えてきたら年に1回~2回の定期検診とフッ素塗布をしてもらい、虫歯にならないよう気をつけましょう。

 

健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●歯だって定期健診は必須!頻度と費用はどれくらいかチェック!

 

(Photo by: //sozaing.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

歯並びや発音にも影響が出る?!1歳以降の指しゃぶりの指しゃぶりの原因

指しゃぶりが長引くと歯並びが悪くなるなど、いろいろな話を聞くと、心配になりま...

生えかけの歯でも気を付けたい!「おっぱい虫歯」と「哺乳瓶虫歯」

    歯が生え揃う前から虫歯の危険はあります。歯が生えてきたら授乳の習...

成長の目安の体験談

ハイハイしてる…かな?

9ヶ月半になり、ズリバイから身体を持ち上げたハイハイへと成長しました! まだスイスイ進むことは...

生後9ヶ月頃からの人見知り。娘も息子もそうでした。

娘が2歳1ヶ月、息子が9ヶ月となった年末年始、実家と義実家に帰省してきたんですが、息子が人見知りする...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る