カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 乳歯だからといって油断しないで!乳歯が生えたらやるべきこと

育児

乳歯だからといって油断しないで!乳歯が生えたらやるべきこと

乳歯の生える6か月頃、正しいケアをして、大事な乳歯を守りましょう。 

乳歯の生えてくるスピードは、生まれている時から1.2本生えている子や1歳過ぎてやっと生えてくる子など赤ちゃんによってまちまちです。 

生えてきた乳歯は、大人の歯に比べ、弱いのが特徴的です。 

そのため、一度虫歯になってしまうと、驚くほどのスピードで進行してしまいます。

 

虫歯を防ぐためにも、歯のケア方法をご紹介します。

 

むずがゆい

歯が歯ぐきから出てくる時は、とてもむずがゆいそうです。 

赤ちゃんは何らかのサインを出すでしょう。 

口に手を突っ込んだり、おもちゃを口に入れたりします。 

このむずがゆさは何とも言えない程の違和感でしょう。 

そのむずがゆさを解消するには、「歯がため」を使うと良いでしょう。

 

購入する際のポイントは、安全素材・にぎり易さです。

 

歯磨き

乳歯が出てきたら、その下には出番を待っている永久歯があります。 

乳歯は虫歯になっても抜けるから大丈夫だろうと言う方もいますが、それは間違いです! 

その下にある永久歯も感染してしまったり、噛む力がつかなくなったりします。

 

虫歯を予防するためにも、歯磨きは欠かせません。 

しかし幼い子は、突然歯磨きをしたら嫌がります。 

まずは、歯磨きをする準備を始めましょう。

 

歯磨きの準備段階として、歯がでてくる前から開始します。 

その方法は濡らしたガーゼを口に入れ、「気持ちいいね」と声をかけたりしながら、口の中を触られることを慣らしましょう 

歯が生えてきたら、最初のうちはまだガーゼで十分です。

 

そして、本数が増えてきたら歯ブラシを使うことを慣らさなくてはなりません。 

その際、歯ブラシで全て綺麗にしようとはせず、歯ブラシでちょこっと掃除をしガーゼで拭き取るようにしましょう。 

歯ブラシを嫌がらなくなれば、歯ブラシでのブラッシングをしっかり行いましょう。

 

離乳食後の白湯

食事をした後は、白湯を飲ませましょう。 

口の中に残った食べ物のかすを流してくれます。 

まだ上手に飲み込むことのできない離乳食時期は、食べ物のかすが残りやすいです。

 

虫歯は、一度虫歯菌に感染すると、その後何度も繰り返してしまいます。 

感染ルートは、虫歯菌に感染した大人の口からの感染なので、同じ箸で食事を与えたり、口の中で軟らかくして食べさせたりすることは控えましょう。

 

健康で大事な歯を守るために、しっかりとケアを行いましょう。 

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2011/07/13-348394.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成長の目安に関する記事

気になる症状「赤ちゃんが体をふるわせる」…その意味はなに?!

赤ちゃんが急に体をぷるぷるピクピクっ…。 「なにか悪い病気か、てんかんでは...

乳幼児期にしてはいけないこと!無理なつかまり立ちよりハイハイ♪

赤ちゃんがつかまり立ちするようになるのは、平均的に9~10ヶ月頃です。 個...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

成長の目安の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る