カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 表情 >
  6. 乳児期が大事!言葉の発達を促す接し方

育児・子供の病気

乳児期が大事!言葉の発達を促す接し方

 

 

産まれてきた赤ちゃんは、まだ表情に乏しく、もちろんしゃべることもできません。 

コミュニケーション能力がまだない時期ということです。 

6か月を過ぎれば様々な表情を見せてくれるようになり、少しずつしゃべる練習を始めます。

 

しかし言葉というものは、突然出てくるわけではありません。

たくさんのコミュニケーションを交わすことで生まれます。 

言葉がまだ出ないと悩んでいる方は多いと思いますが、言葉を発しないことを心配するより、日頃のコミュニケ―ションがとれているかを確認してみて下さい。

 

0~6か月

産まれてすぐはコミュニケーションがほとんどとれませんが、徐々に表情が豊かになっていきます。 

まずは、お母さんがいっぱい話しかけをしてあげましょう。 

もちろん反応は、ほとんどないと思いますが、赤ちゃんの中では「ママやパパの声」の認識がつきはじめます。

 

そして、ママやパパの声がする方に首を傾けたり、さみしくて泣いたりするようになります。 

これも大事なコミュニケーションです。 

 

6か月~1歳

6か月頃までのコミュニケーションから更に進歩し、嬉しい・悲しい・楽しいなどの表情でのコミュニケーションが活発になります。 

・あやすと笑う 

・抱っこすると喜ぶ、安心する 

・触ったり話しかけたりすると嬉しそう 

・話している人の目を見る 

・動いている物に対して興味がわく 

・大きな音や声で泣いてしまう 

このように、人間の基本的な感情がどんどん増えてくる時期です。

 

月齢の区切りをしていますが、6か月から突然感情が豊かになるわけではありません。

 

話しかけやスキンシップを通じてコミュニケーションが発達し、その延長で感情が生まれるのです。 

月齢に比べ遅くても、心配はいりません。 

少しずつゆっくりコミュニケーションをとっていくことをおすすめします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

表情に関する記事

乳児の表情はこう作られる!赤ちゃんの笑顔の秘密☆新生児~生後9ヶ月の表情の変化って?

赤ちゃんはあやしたり、ママやパパの顔を見てニコニコ笑ってくれますよね。 た...

寝ている赤ちゃんが白目を剥く!これって大丈夫!?原因は?

すやすやと眠る赤ちゃんが白目をむくことはありませんか? 何か病気なのではな...

表情の体験談

表情で♪

そろそろでしょうか♪ パパやママの表情から 感情の違いに気付きはじめるそうです♪ パパ...

成長 ~取り上げると泣く~

最近ふと気づいたことがありました。 息子がコードで遊ぼうとしていた時、 「これは触っちゃダメ...

カラダノートひろば

表情の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る