カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. エコノミークラス症候群 >
  5. エコノミークラス症候群の予防策!飛行機に乗ったら気をつけて!

気になる病気・症状

エコノミークラス症候群の予防策!飛行機に乗ったら気をつけて!

 

 

エコノミークラス症候群という言葉は、聴いたことのある言葉だと思います。

飛行機で長時間エコノミークラスに座っていると起こりやすい病気、という意味合いなのでしょう。

 

旅行者血栓症

エコノミークラス症候群は別名「旅行者血栓症」といわれています。旅行者に多い血栓症ということです。

特に飛行機など長時間座席に座ったままの状態でいなければならなかったり、気圧が低いところに長時間いたり、空気が乾燥している空間に長時間いたりすることで起こるものです。

 

  • 長時間座ったまま
  • 低い気圧
  • 空気が乾燥

 

このような状態で長時間過ごすと、座っている足の部分がうっ血したままの状態が続くということで、血栓ができやすくなってしまいます。

それが立ち上がったのと同時に血管に流れ出し、肺の細い血管に詰まり呼吸困難や動機を引き起こしてしまうのです。

 

エコノミー症候群にならないためには?

エコノミー症候群はこのような長時間同じ姿勢で座ったままの旅行者に多い症状です。

しかも健康な体を維持している人でも起こりうる症状なので、誰もが気をつけなければなりません。

 

エコノミー症候群にならないためには、可能な限りトイレに立ったり、立ち上がって姿勢を変えるなどが必要となってきます。

座ったままの状態でもストレッチや、体を伸ばしたりするようにしましょう。

特に足の部分を動かすようにして、うっ血している足に血栓ができないようにする必要があります。

 

また、水分をこまめに補給することも予防のひとつとなりますので、心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120705184post-1653.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エコノミークラス症候群に関する記事

さまざまな種類の手術の後遺症!この症状は後遺症が原因?!

  手術をするという事は、身体のどこかに手術を必要とする病気が発生して、治すた...

エコノミークラス症候群(静脈血栓閉塞症)の原因と予防

    避難所生活におけるエコノミークラス症候群の予防   3.11の関東大震...


手術後の血栓塞栓に気をつけよう!肺血栓塞栓症について

手術後の血栓塞栓に気をつけよう!   肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)に...

長時間動かないのはNG!エコノミークラス症候群の特徴とその予防

    エコノミークラス症候群の特徴とその予防法 エコノミークラス症候...

カラダノートひろば

エコノミークラス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る