カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. アミロイド-シス >
  5. たんぱく質が臓器に付着する!?アミロイドーシスの症状と治療法

気になる病気・症状

たんぱく質が臓器に付着する!?アミロイドーシスの症状と治療法

 

アミロイドーシスは、難病に指定されている病気です。遺伝性のものと非遺伝性のものが存在し、非遺伝性のアミロイドーシスの方が圧倒的に患者数が多いです。

ある種の繊維状のたんぱく質が臓器に付着し、臓器が機能障害を起こすことで発病します。

全身のあらゆる臓器に付着するのを全身性ある一種の臓器だけに限定して付着するのを限局性としています。

 

アミロイドーシスになった場合、たんぱく質が付着する臓器によって症状も変わってきます

全身性アミロイドーシスの場合は心臓の障害や腎臓の障害、胃腸の障害、そして末梢神経や自律神経の障害として症状が現れます。

 

  • 心臓の障害→心不全・不整脈
  • 腎臓の障害→腎不全・ネフローゼ症候群
  • 胃腸の障害→便秘・下痢・排尿の異常
  • 末梢神経・自律神経の障害→手足の痺れ・麻痺・立ちくらみ

 

治療法

アミロイドーシスはたんぱく質が付着した臓器に対しての対症療法が主流です。

しかし、最近ではアミロイドーシスの種類によっては根治的治療法が発展してきています。

肝臓移植や自己末梢血管移植を併用した大量化学療法、最新の抗リウマチ薬やコリンエステラーゼ阻害薬の投与などがそれにあたります。

これらの治療をすることによりアミロイドーシスを根治することが可能になりました。

 

しかしそれでも難病指定されている病気です。

早期発見やたんぱく質が付着している臓器を見つけることなどに時間がかかるため、専門医への受診が必要となってきます。

上記のような症状が見られたら病院を受診し、適切な治療を行ってもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130620155post-2860.html])

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アミロイド-シスに関する記事

アメリカ産牛肉は危険?!「BSE感染牛」と「ヤコブ病」の発症について

  アメリカ産牛肉は危険?BSE感染牛とヤコブ病発症の可能性について  ...

プラセンタ治療を行うと献血できない?!ヤコブ病感染症との関係

    プラセンタ治療を行うと献血できない?!ヤコブ病感染症との関係について...


難病アミロイドーシスとアルツハイマー病の関係

  アミロイドーシスという言葉はあまり聞き慣れない言葉です。 アミロイド...

タンパク質が腎臓に沈着する!

    人の体は、様々な成分によって体を動かしています。 タンパク質もその...

カラダノートひろば

アミロイド-シスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る