カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 過活動膀胱(OAB) >
  5. 過活動膀胱に有効な行動療法では排尿筋を鍛える!

気になる病気・症状

過活動膀胱に有効な行動療法では排尿筋を鍛える!

 

尿漏れや頻尿などを引き起す過活動膀胱は、尿意をこらえるために必要な排尿筋に異常が起こったために発症する排尿障害です。

原因ははっきりしていますが、機能異常を起こし衰えた排尿筋の機能を取り戻す事は容易ではありません。
尿漏れを止めるためには、衰えた排尿筋を鍛え直す必要があるのですが、排尿筋を鍛え直すとはどのような方法が思い浮かぶでしょうか。

そんな排尿筋を鍛え直す方法を考え出し、治療法として完成させたものが過活動膀胱の行動療法です。

■過活動膀胱の行動療法


●過活動膀胱の原因
過活動膀胱となり尿漏れが頻発する要因は、排尿を制御する排尿筋の機能異常が原因です。
排尿筋に異常が起こる原因は様々ですが、その原因を取り除いても排尿筋を鍛え、元の機能を取り戻させなければなりません。
そのための過活動膀胱の行動療法です。

●行動療法
1.生活指導
排尿筋の機能を取り戻す前に、これ以上の排尿筋への負担を増やさないように、水分摂取を制限し、カフェインなど尿意を促進するような要因を避けるよう生活指導を行います。
2.膀胱再訓練
排尿筋への負担をコントロールした状態で、少しずつ自分の意思で排尿間隔を延ばしていく訓練を行います。
徐々に尿意を我慢できるようにして、衰えていた排尿筋の機能を取り戻していきます。
3.骨盤底筋訓練
長く機能異常を起こしていた排尿筋を鍛え直すために、骨盤底筋を鍛える訓練を行い、さらに排尿を制御する機能を強化します。
※排泄介助
以上の行動療法を行う間、または行動療法もできない高齢者の方などの場合、過活動膀胱による尿漏れを防ぐため排泄介助を行い、尿漏れの被害を抑制します。

排尿筋を直接筋肉トレーニングするわけには生きませんが、本来の機能である尿意をこらえることを意識して行うことで、排尿筋の機能を取り戻す事は可能であり、さらには骨盤底筋を訓練することで、間接的に排尿筋を強化することに繋がり、過活動膀胱を治療することに繋がるのです。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/3774)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

過活動膀胱(OAB)に関する記事

過活動膀胱の尿漏れを防ぐ薬物療法

  過活動膀胱の治療は、機能異常を起こした排尿筋を治療するため、膀胱訓練と...

本人の意思とは無関係?尿失禁・尿漏れの原因 過活動膀胱とは

  尿漏れ、失禁と聞くとどうしても恥ずかしいと感じることは誰にでも共通する...


7割の患者が症状改善!?高齢者の排尿障害に鍼灸治療!

    年を取るにつれて身体には様々な不調が現れてきますが、その内の一つに排...

「トイレが近くて困っている」という男性へ

「トイレが近くて困っている」という男性へ「トイレが近い」ことを「歳のせい」とあき...

カラダノートひろば

過活動膀胱(OAB)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る