カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 尿毒症 >
  5. 尿毒症を回避するための人工透析

気になる病気・症状

尿毒症を回避するための人工透析

 

腎臓疾患によって腎不全となった患者は、定期的な人工透析を受けなければいけないと言うことは有名な話です。
ですが、なぜこの人工透析を受けなければならないのかご存じでしょうか。
それは、腎臓の機能が失われたまま血液が汚れ続けるとやがては尿毒症になってしまうからです。

腎臓の代わりに血液を濾過する人工透析は、血液を綺麗にし、尿毒症を回避するために行われなければなりません。

■尿毒症を回避する人工透析


●人工透析で尿毒症予防
▼尿毒症
腎臓機能が失われた腎不全となってしまうと、人体は余分な成分を血液から採りだし、尿として排尿する機能が働かなくなってしまいます。
そのため血液に余分なものが溜まり、有害な物で汚れていってしまうのです。
▼人工透析
人工透析とは、失われた腎機能の代わりに汚れた血液から余分な成分を濾し取ってくれる血液浄化を行ってくれる人工腎臓の代行のことを指します。
これには専門の病院設備を必要とし、人工透析のための通院をずっと続けていかなければならないことを意味するのです。
1.血液を体外に
血液の流れを体外の血液透析器を仲介するように導出し、血液透析器の中で血液浄化を行い、老廃物などを綺麗に濾し取ります。
2.4~5時間
血液透析器による人工透析は、早くても四時間以上かかり、それを頻繁に通院して定期的に行わなければならないため、人工透析を必要とする腎不全患者は時間的に大きく生活を圧迫されることになります。
3.血液を体内に戻す
長い時間をかけて綺麗に濾過された人工透析後の血液を全て体内に戻すことによって人工透析は終了します。

血液を濾過する腎臓の機能が失われると、やがては尿毒症となり命の危険にさらされることとなります。
その危険を回避するために、頻繁に長い時間をかけて体内を循環する血液を綺麗に濾過する人工透析が腎不全患者には不可欠となるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1700)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿毒症に関する記事

尿素を減らして尿毒症予防!

  腎臓の働きが失われる腎不全となって、まずリスクが高まるのが、血液中の尿...

毒素を吸収して治療する!尿毒症の治療薬

  尿毒症の治療に使われる薬には、尿毒症の原因となる毒素を吸着するタイプの...


尿毒症ってどんなもの?

  尿毒症ってよく聞くけれど、結局何のことなのか分からないという人もいらっ...

血液に尿素が溜まる尿毒症

  腎臓は人体を流れる血液を浄化してくれる非常に重要な内臓器官です。 そし...

カラダノートひろば

尿毒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る