カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 尿素を減らして尿毒症予防!

気になる病気・症状

尿素を減らして尿毒症予防!

 

腎臓の働きが失われる腎不全となって、まずリスクが高まるのが、血液中の尿素が腎臓によって濾過されずに体内に蓄積される尿毒症です。
この尿毒症を回避するために、腎不全患者は長時間の人工透析を、頻繁に受け続ける必要が発生します。

ですが、もし人工透析以外の方法で尿毒症を予防する方法があれば、人工透析を受ける回数を減らすことも十分可能なのです。
その予防対策として期待されるのが、そもそもの尿素の発生原因である食物を制限する食事療法です。

■尿毒症に対する予防策


●尿毒症の食事療法
腎不全となってしまっては、老廃物が血液に溜まり尿毒症となる事を防ぐため人工透析を受け続けなければならなくなります。
それは確かに事実なのですが、肝心の血液に溜まる有害な老廃物の量を抑えることによって人工透析の必要性を低下させることも可能なのです。
それが尿毒症対策としての食物療法となります。

●食事療法
尿毒症の原因となるのは食べ物を消化することによって発生する尿素が血液中に蓄積されることです。
この尿素が増加しない食物制限を行うことで、血液中の毒素を減らし、人工透析の回数を減らすことも可能なのです。

1.低たんぱく食
尿素が作り出されるのは、摂取したタンパク質を消化吸収する際に大量に産出されるのです。
そのため、摂取するタンパク質を少量の良質なものにすることで、余分なタンパク質の摂取を減らし、尿素を減らすことに繋がります。
2.脂質、糖質をエネルギー源に
タンパク質を減らした分のエネルギー源を、脂質や糖質で補うことで、日常生活に支障を与えず低たんぱく食を続けられる食事療法となるのです。

人体にはどうしてもタンパク質が必要であり、必要最低限なタンパク質を摂取する以上、食事療法で完全に尿素の発生を無くすることは不可能ですが、それでも人工透析の必要回数を減らす効果は期待できるでしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3651)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

放置すると蛋白尿で身体のタンパク質が急激に減る!?ネフローゼ症候群の治療法

  ネフローゼ症候群は放置しておけば、蛋白尿によって身体のタンパク質が急激に失...

男性の尿トラブルにも効果的!骨盤底筋トレーニングで頻尿・尿漏れ改善

最近、女性だけでなく男性の尿漏れ、頻尿もクローズアップされています。女性の尿...


必要成分が流れていく、ファンコニー症候群

  腎臓は、尿を作る大切な器官です。 ソラマメの様な形をしており。背中側...

高齢者に多い!切迫性尿失禁とは

  尿意を脳が感じることがなく、感じたとしても手遅れとなっているのが切迫性尿失...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る