カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔瘻(あな痔) >
  6. 肛門と直腸をつなぐトンネルが出来る痔瘻

気になる病気・症状

肛門と直腸をつなぐトンネルが出来る痔瘻

 

痔瘻とはいわゆるあな痔のことですが、この穴とはどのよう穴なのかイメージできる人はいるでしょうか。
痔瘻の穴とは、肛門から直腸に繋がる本来の穴とは別に出来たトンネルのことで、これが出来ることでそのトンネルから頻繁に膿が排出されることになります。
その排出された膿が、下着を汚し、悪臭を放つ原因となる痔なのです。

もちろんこのようなトンネルが自然に出来ると言うことはなく、肛門周囲膿瘍という病気が原因となります。
肛門にできた腫瘍が破裂することによって肛門の外と直腸の内側をつなぐトンネルを形成することになるのです。

■膿瘍によって出来るトンネル


●肛門周辺の膿瘍が原因
痔瘻とは、肛門周辺に膿が溜まる膿瘍が出来ることが主な原因となります。
この膿瘍が発達し、さらには破けることで結果的に肛門から直腸へのトンネルのような管が出来てしまう、あな痔となるのです。

●痔瘻の症状
1.膿瘍の症状
肛門周囲に膿瘍が発生することによって発生する症状です。
▼発熱
肛門周囲膿瘍が出来ると最大四十度の高熱が発熱します。
▼腫脹
肛門周囲膿瘍に膿が溜まり腫脹し、皮膚表面が赤くなります。
▼激痛
発熱と合わせて非常に強い激痛が感じられるようになり、睡眠障害を併発する場合もあります。
2.膿瘍破裂後
膿瘍が破けた後の症状です。
▼発熱や痛み、腫脹は減少
膿瘍が破け溜まった膿が排出されることによって膿瘍の症状は無くなります。
▼痔瘻の形成
膿が抜け出た膿瘍の痕跡が、その後トンネルを形成し痔瘻を形成します。
一度形成された痔瘻は自然治癒することはありません。

この痔瘻にしろ、肛門周囲膿瘍にしろ普通の痔のように薬を塗って治るようなものではありません。
すぐに専門医の受診を受け、治療を始めなければどんどん悪化する難病と考えましょう。
特に肛門周囲膿瘍は、痔瘻になる前に迅速に対応する必要があります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2647)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔瘻(あな痔)に関する記事

痔瘻の原因となる肛門周囲膿瘍

痔瘻は、直腸と肛門をつなぐトンネル状の瘻管が形成される特殊な痔の形態です。なぜ...

痔瘻の治療は手術だけではない

痔瘻の治療には、病巣を時間をかけて除去する方法と、手術で除去する方法があります。...


痔瘻を防ぐ治療と治す治療

  痔瘻は肛門と直腸を防ぐ瘻管というトンネルが出来る痔ですが、このトンネル...

男性に圧倒的に多い痔瘻とは?

痔瘻は細菌感染によって、肛門内部に生じた膿のトンネルです。どのようにして痔瘻は発...

カラダノートひろば

痔瘻(あな痔)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る