カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 裂肛(切れ痔) >
  6. 切れ痔の出血は意外と少ない!?

気になる病気・症状

切れ痔の出血は意外と少ない!?

 

痔と言えば肛門からの出血が症状として思い浮かぶでしょう。
そして切れ痔はその名称からもかなり激しい出血が伴うと思ってはいませんか。
実際にはそのような事は無く、切れ痔になったとしても、せいぜいトイレットペーパーに少量の血が付着するだけの軽い出血しかしないのです。
むしろ痔核の方が激しい出血をする可能性があるでしょう。

■意外と出血の少ない切れ痔


●痔核と比べると少量の出血
切れ痔はその名前からすると意外なほど出血が少ない痔です。

●切れ痔は浅い傷
切れ痔の裂傷はあくまで肛門の表面の切れ目であり、裂けたとしてもほとんど浅く出血を伴いません。
排便後、肛門を拭いたトイレットペーパーに少量の血が付着するぐらいでしょう。

●痔核は血豆
しかし、痔核の場合は、痔核自体が血豆のようなできものであり、痔核が破けた場合は大量の出血が伴う場合が多くなるのです。

●切れ痔の痛みは細菌感染による化膿
切れ痔の痛みというものも、浅い傷の痛みではなく、その傷が便が付着することによる細菌感染による化膿することによって発生します。
頻繁に細菌の固まりである大便が通過する機能上、肛門の衛生は劣悪であり、浅くてもそこに裂傷が生じることは細菌感染のリスクが非常に高くなるのです。

●清潔に保てば切れ痔は無痛
つまり、たとえ切れ痔になったとしても、肛門の裂傷を清潔に保ち細菌を寄せ付けず、化膿をさせなければ切れ痔になっても痛みをほとんど感じることなく治すことも可能と言うことです。

ここで肝心なのは出血の量ではなく、切れ痔自体が浅い裂傷でしかないという事実です。
切れ痔の激しい痛みからするとかなりの大けがと思うかもしれませんが、それは浅い傷が細菌に感染し化膿したことが痛みの主な原因となります。
つまり、切れ痔になっても患部を清潔に保ち細菌を寄せ付けなければ激しい痛みを発生させることを回避できるということなのです。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1891)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

裂肛(切れ痔)に関する記事

裂肛の治療は傷よりも細菌感染に注意!

  裂肛の治療は、肛門に生じた傷の治療が重要と思うかもしれませんが、そうで...

切れ痔(裂肛)について

  切れ痔は正式には「裂肛」と言います。 これは一体どういう病気なのでしょう...


切れ痔の原因は排便のトラブルといきみ

  誰もが知る痔の代表格が切れ痔です。 痔のほとんどは肛門の衛生状態などで...

出産時に生じることもある裂肛

痔には大きく分けて、痔核、裂肛、痔瘻の3種類があります。その中の一つ、「裂肛」と...

カラダノートひろば

裂肛(切れ痔)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る