カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 裂肛(切れ痔) >
  6. 裂肛の治療は傷よりも細菌感染に注意!

気になる病気・症状

裂肛の治療は傷よりも細菌感染に注意!

 

裂肛の治療は、肛門に生じた傷の治療が重要と思うかもしれませんが、そうではありません。
肛門の皮膚の再生力は非常に強く、単なる裂肛の傷であれば放っておいても勝手に治癒するのです。
ですが、実際問題としてそうならないのは、肛門の衛生状態が問題となるからです。

たとえ再生力が強くても、不衛生な肛門の傷と言うことで細菌に感染し、炎症を繰り返すことで、痛みが強く、いつまでも治らなくなってしまいます。
切れ痔の治療は、何よりも細菌の感染を防ぐことが重要なのです。

■裂肛の治療は怪我の治療


●裂肛は肛門の裂傷のこと
切れ痔というと紛らわしくなりますが、裂肛とは様は肛門に生じた裂傷、外傷のことです。
要は粘膜や皮膚が傷ついただけの状態であり、通常の怪我の治療とほとんど変わらない対処で十分です。
ただし、その怪我の場所が肛門であるということが多くの問題を生じさせることに繋がります。

●傷の治療よりも細菌感染に注意
肛門付近の皮膚の再生力は非常に強く、ただの怪我の治療だけならばほとんど必要ありません。
しかし、肛門という衛生的に問題の大きい部位の怪我であるため、何よりも細菌感染による化膿に注意しなければならなくなります。

●軟膏や坐薬も細菌対策
痔の薬によくある軟膏や坐薬という形態も、この細菌対策のための形態でもあるのです。
軟膏を塗ったり、坐薬で怪我を直接保護することで、怪我を治療するよりも細菌を寄せ付けない効果が重要となります。

裂肛の治療は、何よりも細菌対策が重要であり、薬以外にも肛門を清潔に保つことで、痛みなどのほとんどの症状を抑えつつ完治させることも出来るのです。
ウォッシュレットなど肛門を清潔に保つ設備などを用意すると非常に効果的でしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7038)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

裂肛(切れ痔)に関する記事

切れ痔(裂肛)について

  切れ痔は正式には「裂肛」と言います。 これは一体どういう病気なのでしょう...

出産時に生じることもある裂肛

痔には大きく分けて、痔核、裂肛、痔瘻の3種類があります。その中の一つ、「裂肛」と...


裂腔の手術はどんなもの?

  現在痔の手術法は様々な種類があります。 ここではその名称と概要を一覧にま...

切れ痔の原因は排便のトラブルといきみ

  誰もが知る痔の代表格が切れ痔です。 痔のほとんどは肛門の衛生状態などで...

カラダノートひろば

裂肛(切れ痔)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る