カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. 直腸脱 >
  5. 直腸脱と内痔核脱肛の違い

気になる病気・症状

直腸脱と内痔核脱肛の違い

 

直腸脱は肛門から直腸が脱出することから脱肛とも呼ばれます。
場合によってはこの脱肛という名前の方が有名かもしれませんが、正式には直腸脱となっているのです。
その理由は、同じ肛門と直腸付近の疾患として内痔核脱肛というに同じ脱肛の名前を持った疾患があるため紛らわしいからでしょう。

直腸脱を脱肛とすると、内痔核脱肛と似たような名前となりますが、この二つの疾患は明確に違います。
症状はもちろんのこと、治療法も全く異なるため区別するためにも直腸脱と呼ぶ方が良いでしょう。

■直腸脱と内痔核脱肛の違い


●直腸脱
肛門から直腸粘膜、もしくは直腸全層が脱出する症状であり、痔核などのできものは存在しません。

●内痔核脱肛
肛門内部に出来た痔核が大きくなることで、肛門に隠しきれず飛び出した状態で維持される重度の痔核の状態です。

●違い
直腸脱と内痔核の違いは、肛門から飛び出すものの違いで明確となります。
どちらも肛門から何かが飛び出すことになる症状ですが、内痔核は明らかにできものです。
そして、直腸脱は直腸自体が飛び出すことになります。
お互いの症状が進行することによってその違いは明確になるでしょうが、早期の段階では素人目には判断の付けづらい症例となるでしょう。
早期の場合、手で押し込めば元に戻る対処法も同様となるのでなおさらです。

●専門医の診察
どちらの疾患も早期に治療を始めることが望ましく、見分けることも難しいので、異常を感じたらすぐに専門医の診察を受けることがお勧めです。
どちらにしろ治療の必要であることは変わらず、治療法も異なりますので、専門医の助けが必ず必要となります。

内痔核脱肛も内痔核が大きく成長してしまえば直腸脱と見分けがつかないこともありえます。
こうした紛らわしい疾患は専門医に診察してもらうことが一番です。
内痔核はもちろんのこと、直腸脱も進行しない早期の内に治療を始めることが望ましいため、迅速な治療の開始を心がけましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/581)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

直腸脱に関する記事

直腸脱とは

     直腸脱とは、直腸が肛門から脱出してくる病気です。 ほとんどが高齢...

直腸脱の症状はどのように進行する?

  直腸脱は肛門から直腸部分が飛び出してしまう病気です。 骨盤底の脆弱化に...


あなたの骨盤底筋弱っていませんか?直腸脱を防ぐためには!

      骨盤底筋は骨盤の底を支えてくれている筋肉です。 子宮、膀胱、...

カラダノートひろば

直腸脱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る