カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 副腎性器症候群 >
  5. 副腎性器症候群の症状は男性化

気になる病気・症状

副腎性器症候群の症状は男性化

 

副腎性器症候群とは、副腎皮質から分泌されるアンドロゲンというホルモンが過剰に分泌されることによって引き起される成長異常です。

このアンドロゲンとは、要は男性ホルモンの働きを持ち、これが規定値以上の大量分泌されることは、男女問わず身体が男性化の方向に成長してしまうこととなってしまいます。

男児であるなら男性としての性徴が早期に始まる程度の変化ですが、これが女児になるとかなり劇的な変化が伴い、治療にその男性化した成長を矯正する形成手術が必要となるのです。

■副腎性器症候群の症状


●アンドロゲンの異常分泌
副腎性器症候群は、副腎皮質が分泌するホルモンの内、アンドロゲンが過剰に分泌されることで様々な症状をきたします。
●男性化ホルモン
アンドロゲンとは、身体を男性化させる働きを持ったホルモンで、本来ならわずかな量しか分泌されないものが大量に分泌されることで男女問わず男性化作用が働き、副腎性器症候群の症状が現れるのです。
●男児の症状
男児の場合は男性化ホルモンが幼少時より働くことで、早期に陰茎が発育し陰毛が生えるなど男性としての性徴が早すぎる段階で現れます。
●女児の症状
女児に男性化ホルモンが過剰になると、陰核が大きくなるなど外見が男性に近くなり、成長すると顔が毛深く、声が太くなる等、男の性徴が現れることになります。
●男女共通の症状
この疾患は副腎皮質の障害であり、重症となると副腎不全にまで発展する可能性があります。
嘔吐や脱水、電解質の異常と不整脈が症状として現れ、死ぬ危険も出てくる危険な状態です。

副腎性器症候群は男性化というインパクトのある症状に注目しがちですが、副腎皮質ホルモンが異常分泌されると言うことは、副腎皮質に何らかの障害が生じていることでもあるのです。
この障害を放置し、重症化させることは、副腎不全に繋がるリスクがあることを忘れてはいけません。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1891)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副腎性器症候群に関する記事

副腎性器症候群の治療と矯正

  副腎性器症候群の治療は、基本的に崩れた副腎皮質ホルモンバランスを正常に...

副腎性器症候群はホルモン異常

  副腎性器症候群はホルモン分泌異常が起こる疾患です。 アンドロゲンの大量...


出生前診断でわかる?先天性副腎皮質過形成と胎内治療について

   『先天性副腎皮質過形成』の胎内治療の実際とは?   先天性副腎皮質過形成...

ステロイドが欠乏してる?!副腎不全となる原因と症状について

  副腎とは、人体の様々な機能に大きく関わるステロイドホルモンを合成して分...

カラダノートひろば

副腎性器症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る