カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 副腎性器症候群 >
  5. 副腎性器症候群はホルモン異常

気になる病気・症状

副腎性器症候群はホルモン異常

 

副腎性器症候群はホルモン分泌異常が起こる疾患です。
アンドロゲンの大量分泌による男性化は、あくまでホルモン分泌異常の一つでしかありません。
副腎皮質ホルモンには他にも二つ重要なホルモン分泌に異常が起こっており、この二つとアンドロゲンの崩れたホルモンバランスを矯正することが副腎性器症候群の治療に繋がります。

■副腎皮質の分泌異常


1.副腎皮質が分泌するホルモン
●コルチゾール
副腎皮質ホルモンであり、炭水化物や脂肪、そしてタンパク質の代謝を制御する働きをしてくれます。
●アルドステロン
血液中のカリウムナトリウムのバランスを整えてくれる副腎皮質ホルモンです。
●アンドロゲン
男性ホルモンと呼ばれるステロイドホルモンで、このホルモンが増えることによって起こる男性化作用は男女にかかわらず現れます。

2.副腎性器症候群による分泌異常
●ホルモン分泌の崩壊
コルチゾールとアルドステロンの分泌は低下し、アンドロゲンが過剰に大量分泌されることになります。
●アンドロゲン大量分泌による男性化作用
前述したようにアンドロゲンが大量に分泌されると、男女問わず身体が男性化の変化を促進させ、特に女性が顕著に大きな変化を伴う症状となってしまうのです。

3.副腎不全
この副腎皮質ホルモンの分泌異常が重症化すれば、副腎機能自体が失われる副腎不全となる危険があります。

コルチゾールもアルドステロンも人体にとって非常に重要なホルモンであることには変わりありません。
分泌が低下した状態のままでは、健康にも悪影響が及ぶこととなります。
そして副腎ホルモン分泌が重症化することで副腎機能自体が破壊される副腎不全となってしまうのです。
分泌低下したホルモンを補い、そして過剰分泌を抑制することで、ホルモンバランスを正常に保つことが副腎性器症候群では重要な治療のポイントとなります。

(Photo by:  //www.photo-ac.com/main/detail/1243)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副腎性器症候群に関する記事

出生前診断でわかる?先天性副腎皮質過形成と胎内治療について

   『先天性副腎皮質過形成』の胎内治療の実際とは?   先天性副腎皮質過形成...

ステロイドが欠乏してる?!副腎不全となる原因と症状について

  副腎とは、人体の様々な機能に大きく関わるステロイドホルモンを合成して分...


副腎性器症候群の治療と矯正

  副腎性器症候群の治療は、基本的に崩れた副腎皮質ホルモンバランスを正常に...

副腎性器症候群の症状は男性化

  副腎性器症候群とは、副腎皮質から分泌されるアンドロゲンというホルモンが...

カラダノートひろば

副腎性器症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る