カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 下肢静脈瘤 >
  5. 働く女性は注意!立ち仕事で下肢静脈瘤に!?

気になる病気・症状

働く女性は注意!立ち仕事で下肢静脈瘤に!?

長い時間立ち仕事を続けたり、妊娠や出産をする女性に多いのが下肢静脈瘤です。この下肢静脈瘤は、足への負担が大きくなることで、静脈の中にある弁が損傷してしまい、静脈の中を血液が逆流してしまうことで静脈瘤となります。
特に働く女性に多く発症し、多くの女性を悩まされている職業病とも言える疾患です。

 

下肢静脈瘤の原因

静脈への過度な負担により弁を破壊

静脈には血液が流れるべき方向から逆流しないように弁がいくつも設置されています。その弁によってたとえ、足から身体へと血液が上昇して戻ることが可能となっているのです。

静脈への負担は下に行けばいくほど大きくなり、特に下肢は立ち仕事などによって長時間負担が蓄積することになるため、この弁が壊れやすいのです。

 

1.立ち仕事
世の中の仕事には仕事中ずっと立ち続けることが求められる仕事は珍しくありません。長時間立ち続けることは、その間ずっと静脈を流れる血流が重力に逆らい続けていることになります。
そのため静脈への負担はかなりのものとなり、弁を破壊する原因として非常に高いリスクとなります。


2.妊娠・出産
女性が妊娠すると言うことは、子供を育てるお腹に血液が集中し、更には立ち上がる際に下肢への負担が子供の体重分重くなります。なにより、出産は女性の身体にとって非常に大きな負担となり、それが原因で静脈弁が壊れてしまうことも充分に考えられるのです。

 

下肢静脈瘤は動脈瘤とは違い危険性は低い疾患と言えますが、だからこそじわじわと苦しみが続く疾患とも言えます。足のむくみや痛み、痒みなど危険性が低いからと放置しておくとさらに諸症状が悪化し続けるのです。

 

下肢静脈瘤は発覚してすぐに治療を行うことをお勧めします。今の最新治療では短期間に治すことが可能となっているので、仕事への影響も最小限で済むでしょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●足のむくみと湿疹に要注意!鬱血性皮膚炎という病気について

 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下肢静脈瘤に関する記事

手術後に手が震えるのは麻酔の副作用のせい?!~全身麻酔と局所麻酔~

    手術中に、無意識の状態にしたり、手術の痛みをなくしたり、体の反射を起こさ...

まるで青い蜘蛛の巣!?血流が逆流し蓄積する下肢静脈瘤

  下肢静脈瘤は下肢への負担で、静脈の弁が壊れる血管疾患です。 静脈の弁が...


絶対知っておきたい!下肢動脈瘤の仕組みとレーザー治療について

    下肢静脈瘤とは?   「下肢静脈瘤」という症状をご存知でしょうか...

むくみや湿疹、かゆみ…下肢静脈瘤による症状と治療について

下肢静脈瘤は、動脈瘤と比べると危険の少ない症状ばかりとなります。ですが、危険が...

カラダノートひろば

下肢静脈瘤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る