カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 寝だめ・寝過ぎ >
  4. 休日の寝だめ・・・本当に効果あり?

不眠・睡眠障害

休日の寝だめ・・・本当に効果あり?

 

休みの日になるとついつい二度寝をしてしまう、普段よりも多く寝て目覚めると昼ごろなんて人もいるかもしれません。

休みの日の寝だめが快感!という方もいるとは思いますが実はこの寝だめ、無意味なんです。

 

●寝だめをしてもたまらない

寝だめといえば普段の疲れを取るためのものですが、実はそれでは疲れは取れません。

というのも睡眠は総合的な時間よりも時間帯、質に左右されるからです。

休みの日に5時間多く寝ても仕事のある5日間にそれぞれ1時間ずつ睡眠を取るのとは違います。

 

●寝だめのデメリット

寝だめには睡眠時間がたまらないというデメリットの他にも問題があります。まずひとつは寝過ぎにつながるということです。

寝過ぎは寿命を縮めることがわかっていますし、寝過ぎて副交感神経優位の状態が長く続くと片頭痛を引き起こすこともあります。

また、寝だめによって普段の睡眠とのバランスが乱れることによってその後の睡眠の質が落ちてしまう可能性もあります。

 

●普段の眠りを大切に

体の疲れを取りたいからどうにかしたいという場合は寝だめするよりも普段の睡眠の質を上げた方が良いです。

そうすれば1日の疲れを1日の終わりの睡眠でしっかりと回復できる体になるからです。

睡眠の質を上げるために出来る具体的なこととしては就寝前には電気を消して静かにする、リラックスできる習慣をつけるなどです。

 

寝だめは普段の睡眠不足の代わりにはなりません。それどころか寿命を縮める可能性、片頭痛を引き起こす可能性、普段の睡眠バランスを乱す可能性など悪影響が多いです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/06-010799.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寝だめ・寝過ぎに関する記事

「睡眠ホルモン」をたくさん分泌させて「寝過ぎ」を解消する!

 寝ても寝ても眠い、仕事や予定が無い日は10時間以上寝てしまうという人もいるで...

寝だめは間違い!?レム睡眠とノンレム睡眠、睡眠の基本知識!

「なかなか起きれない」 「起きた時に疲れている」 そんな悩みを抱える人は...


寝過ぎると身長が伸びない、疲れがとれない?成長ホルモンとは

 休日の前日に夜更かしをして翌朝昼近くまで寝てしまった、という経験はありません...

休日は朝遅くまで寝てよう…人は「寝だめ」が可能なのか?

  多くの人が睡眠が足りていないと感じている昨今ですが、平日は遅くまで仕事...

カラダノートひろば

寝だめ・寝過ぎの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る