カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ネイルケア >
  4. 爪を保護してくれている「ハイポニキウム」は大事にしよう!理由とお手入れ方法

美容・ダイエット

爪を保護してくれている「ハイポニキウム」は大事にしよう!理由とお手入れ方法

自分の爪、まじまじと見たことありますか?爪を手のひら側から見ると、爪と指の間に、皮みたいな皮膚があるのがわかると思います。この皮みたいな皮膚のことを「ハイポニキウム」といいます。自爪でネイルアートをやっている人であれば、キチンとケアしている人も多いと思います。

 

ハイポニキウムの役割とお手入れ方法をご紹介します。

 

爪の構造とハイポニキウムの役割

爪というのは実は爪全体が皮膚とくっついているわけではないそうで、爪のサイドと根本部分とハイポニキウム部分がくっついて、それ以外の部分はあまり固定されていないそうなんです。だから、強い力がかかると意外と簡単にはがれます…。

 

ハイポニキウムは爪を維持するのにとても大事な部分といえます。

ハイポニキウムのもう一つの役割

「ハイポニキウム」は爪の維持以外にも、重要な役割を持っています。それは、菌から指先を守る事です。爪とハイポニキウムが隙間なくくっついていることにより、指先からバイキンがはいってくるのを防ぎます。

 

また、爪が小さいと悩む人は、ハイポニキウムの位置が上に上がっていくことで、爪を大きくすることができます。

 

ハイポニキウムのお手入れ方法

一番手っ取り早いのは、シャンプーです。髪を洗う時に指先の汚れも一緒に落ちます。シャンプーまで待てないという場合には、爪ブラシや使い古しの歯ブラシなどで手を洗う時にでも優しくこすってあげてください。

 

手を洗った後は、乾燥を防ぐため、クリームやオイルなどで保湿をしましょう。乾燥が原因で、爪からハイポニキウムがはがれてくる場合があるからです。

 

美しさを求めすぎると危険

ネイルアートをする場合、キレイに見せたいがゆえにハイポニキウムをぐいぐい押してしまうことがありますが、あまりお勧めしません。

雑菌が入る事もありますし、何より痛いんです。

 

余談ですが、著者は小さい頃から爪とハイポニキウムが長く、爪を切っても切っても指先から見えてしまうため、いつも爪の検査(学生の頃爪がのびていないかチェックがありました)では怒られていました。

 

そのため、ネイルカラーをするまではそれが悩みでもありました。しかし、ハイポニキウムが大事なものと知ってからは少し大事にするようになりました。

 

爪は指先を守ってくれる大事なカラダの一部です。

乾燥するこれからの季節、しっかり守って、美しい爪を保ちましょう!

(Photo by: 著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ネイルケアに関する記事

爪の先端が割れてしまった場合の応急処置

爪が脆くなり割れて肉の部分まで割れてしまうと大変な痛みを伴います。それはなぜで...

乾燥の季節。割れやすい爪を強くする生活まとめ

  二枚づめ、かけやすい爪、白っぽい爪…いつまでたっても爪が綺麗にならなく...


ネイルの除光液「アセトン」は人体に有害?知っておきたい健康被害事例と代替品

近年ではジェルネイルが定着し、自宅でも自分で出来るキットが販売されるようになり...

オイルマッサージで爪を乾燥から防ごう

  指先の美しさは女性らしさを演出するのに大切なポイントです。キレイな指先...

カラダノートひろば

ネイルケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る