カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. >
  6. 幼児の身近に潜むトラブル!歯のケガにはどう対応するべき?

育児・子供の病気

幼児の身近に潜むトラブル!歯のケガにはどう対応するべき?

 

 

幼児の歯のトラブルで最も多いのは、転んだりして歯を打ってしまったというケースです。
特に多いのが前歯で、歩きの不安定な幼児期に多いのです。

 

1~3歳の年齢はまだ乳歯のため折れても問題ない様に思えますが、歯の本数の少ない幼児にとっては乳歯の前歯が必要な時期です。
食べ物を歯でちぎったりするには必要だからです。
そして乳歯の下には生え変わりを待っている永久歯があります。
噛むことが大事な時期・永久歯への影響を考えて、早急に対処しなければなりません。


乳歯の場合は、歯の修復よりも感染症を起こさないように細心の注意を払います。

永久歯にも共通する歯の怪我に対する対処方法のお話をしたいと思います。

 

怪我に対する対処法

 

歯を打つと歯が破損したり、ひびが入ります。
それは歯の根がしっかりしているからです。

乳歯が生えたばかりで歯の根がしっかりしていない場合は、脱臼と言って歯がグラグラになったりめり込んだりします。
このめり込みは、歯茎の奥にある永久歯の生え方にも影響を及ぼします。


歯を打ったらどうする?
 
1.歯を打って、血が出ていなかったり泣きやんだりすれば様子を見る方も多いはずです。
しかし、数日後または数ヶ月に、神経が死んで歯の変色が見られたり、歯の根の下に病巣ができていたりします。
また、先ほど説明した脱臼の状態になっているかもしれません。

歯を打った場合は、なるべく早めに歯科医を受診しましょう。
 
2.もし歯が折れて(抜けて)いる場合は、清潔なガーゼやハンカチで押さえ止血しましょう。
感染症を予防するためにも早めに対処しましょう。
 
3.折れた(抜けた)歯が見つかれば、生理食塩水に浸して歯医者に持っていくのがベストですが、ない場合は常温の牛乳に浸しましょう。
歯が汚れていても、そのままの状態で浸しましょう。

 

 

歯は生きていく上で必要不可欠な食事に関わる大事な物です。
一生使う永久歯を大事にするためにも、乳歯を大事にしましょう。

幼児の歯の怪我は、なるべく早く専門医を受診することをお勧めします。


 

 

(Photo by: //sozaing.com/photo/%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%9c%e3%83%b3%e7%8e%89.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

歯並びや発音にも影響が出る?!1歳以降の指しゃぶりの指しゃぶりの原因

指しゃぶりが長引くと歯並びが悪くなるなど、いろいろな話を聞くと、心配になりま...

生えかけの歯でも気を付けたい!「おっぱい虫歯」と「哺乳瓶虫歯」

    歯が生え揃う前から虫歯の危険はあります。歯が生えてきたら授乳の習...

成長の目安の体験談

我が子の癖(生後4ヶ月になって)

生後3ヶ月後半ごろからやら頭を左右に振って布団に頭をこすりつけるなあと思っていたら・・・とうとう後頭...

兄弟でも全く違う☆赤ちゃんの性格

現在2人の子供の子育てに奮闘する毎日ですが、1人目と2人目同じ兄弟でもこうも違うのかと驚く毎日です(...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る