カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. しつけの基本 子どもの依存心・甘えを断ち切る方法とは?

育児・子供の病気

しつけの基本 子どもの依存心・甘えを断ち切る方法とは?

依存心・甘えを断ち切るというと少し厳しすぎるのではないかと感じることもあるでしょう。

しかしこの依存心・甘えがしつけを行う際に、厄介なものとなることがあります。

 

依存心・甘えがしつけを行う際には厄介に...

例えば、親子の関係がきちんと確立されるのは幼児期にあると思います。

近年多いのが、親子関係が確立されず、親を友達または自分の言うことを聞いてくれる人と勘違いしている子供達です。

 

この様な子供達に対して「しつけ」ができるのでしょうか? 

答えはノーです。 

理屈のないしつけやルールを身につけさせるには、親の力が大半を占めると言われています。

 

勘違いしてはいけないのが、この親の力は叩いたり、怒鳴り上げる力ではないということです。ここでいう力とは、両親や年長者は自分よりも上の立場の人という人間関係のことです。

 

この人間関係を確立させるにはやはり、親は親、子は子という立場を身を持って理解させることです。 

それには、幼児の依存心・甘えを断ち切ることが必要です。

 

 

幼児の依存心・甘えを断ち切るには?

・子供が赤ちゃん語で話しかけてきても、大人言葉で返す

話しを始める1歳ごろは仕方がありませんが、いつまでもそれを続けることはよくないと考えられています。 

2~3歳に近付けば、物にはちゃんとした名前があることを理解できます。

 

日本語を正しく教えるためにも、赤ちゃん言葉で話すのは1~2歳までにしましょう。そして、周りの大人たちも正しい日本語で会話をしましょう。 

子供は大人が話している言葉を聞き物事を理解していきます。

 

・自分のことは、僕・私

自分のことは、僕・私と呼ばせます。 

いつまでも自分のことを、名前で言わないようにさせましょう。 

小学生や中学生、あるいは大人になっても自分のことを名前で呼んでいる人が多くいます。

 

また、ママやパパも早いうちからお母さん、お父さんに変えましょう。

精神的自立のためにも、早いうちから身につけさせておくといいですね。

 

・自分でできることは自分でさせる

何でも自分でさせてみましょう。 

失敗して泣いてもじっと我慢です。時間の許す限り待ってあげましょう。 

何でも手を出してしまうと、子供は親がしてくれるのを待つようになります。

 

例えばこのようなときは?

靴を自分で履くと言い張ったので、自分で履かせます。 

しかし、左右が逆になってしまいました。 

そこで『逆だよ』と教える前に履かせて歩かせてみましょう。 

変に思った子供に、『何かおかしいね。靴が逆かな?』というように自分で気付く努力をさせます。

 

何度も何度も繰り返すうちに、次はどうやったら間違えないかを考えるようになります。

全て親が口出しをしアドバイスを与えることは、あまり良くないことなのです。

 

親はヒントだけ与え見守る、すると自分で考える子供になります。 

 

(Photo by: //sozaing.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

旦那さんの愚痴、子どもの前で言ってませんか?ママの愚痴が与える男の子・女の子への影響

家の中でお母さんがお父さんに対するグチを言ったり、お父さんの悪口を言ったりする...

頻回授乳がつらいと悩むママへ…大丈夫!かならずゴールは見えてきます!

赤ちゃんが産まれて一番初めに母親として経験するものが母乳をあげるということで...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る