カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 表情豊かな子には、読み聞かせをしてる人が多いって本当?

育児

表情豊かな子には、読み聞かせをしてる人が多いって本当?

子供には読み聞かせをしましょう。

読み聞かせが子供の成長にとってとても良いということが言われています。

しかし、実際はどのような効果があるのか知らない人が多いと思います。

読み聞かせが子供にどのような効果を生みだすのか?お話したいと思います。

 

1.言語や学習の能力が高くなる

同じ本を繰り返し繰り返し子供に読み聞かせをすることで、発達にいい影響があるのです。

同じ本を繰り返し読むことは、大人からみると一見無駄だと思いませんか?

しかし、日本語を理解していない子供にとっては、本を一度で理解し楽しむということが難しいのです。

子どもは好きな本は何度も読んでほしいと言いますよね?そういうときは、それに応じて繰り返すことが脳にもいいんですよ。

 

それは、まだ言葉のしゃべれない乳児期から行うことがよいとされています。

 

2.心の成長効果 

絵本の読み聞かせ中の子供の脳は、大脳辺縁系が活発に働くと言われています。

この大脳辺縁系とは、感情を豊かにする大切な部分です。

ここを刺激することで心が豊かな子に育っていくわけです。

また、絵本を読んで理解するうちに登場人物の心情に共感したりし、相手の気持ちを理解できるようになります。 

 

3.視野が広がる、想像力が豊かになる

世の中のことをほとんど知らない幼児ですが、昔話や外国のお話など、自分の身の回りでは経験することのできないことを絵本を通して知っていきます。

 

また、一つの物事に対しての考え方が多方面から知ることができ、自分の考えだけが正しいわけではないということを知っていくこととなるでしょう。

 

年齢を重ねれば、挿絵の少ない物語を選んでいくようにしましょう。

絵本をたくさん読んだ子供達は想像力が豊かなので、挿絵がなくても想像力で物語を理解していくことができます。 

 

4.大事なコミュニケーション効果 

読み聞かせの時間は、親子の大事な時間。

大人になっても良い思い出として残っているはずです。

私も幼い頃、母や祖母が布団の中で楽しい話をしてくれていたことを思い出します。

雷の鳴る怖い夜でも、その話を聞くと自然と眠っていたのです。

 

表情豊かになるということは、心が豊かでなくてはできないことなのです。

つまり読み聞かせを続けることによって、結果として表情が豊かな子が多いのが事実です。

テレビではなく、子供にとって母(父や祖父、祖母)の声は精神状態を安定させる効果があるから、精神的に働きかけるパワーは絶大です。

 

絵本の読み聞かせは、子供たちが成長するための宝となるでしょう。

きっと楽しい時間になりますよ。 

 

(Photo by: http://sozaing.com/photo/%e5%b9%b3%e7%a9%8d%e3%81%bf%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%8f%82%e8%80%83%e6%9b%b8.html )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成長の目安に関する記事

赤ちゃんの言葉はどう発達していくの?クーイングから喃語(なんご)への変化

赤ちゃんのおしゃべりは意味の無い言葉を発することから始まります。 こういっ...

どうしたらわかる?生後3-4ヶ月の赤ちゃんの首すわりのサイン

1日に何時間も赤ちゃんを抱っこしているママはとっても大変!  せめて早く首...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

成長の目安の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る