カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 顔の汗から考えられる3つの病気!?「イオントフォレーシス治療」安全?ワキ汗の原因とは

気になる病気・症状

顔の汗から考えられる3つの病気!?「イオントフォレーシス治療」安全?ワキ汗の原因とは

顔汗を異常なほどかくなぁと思った時には何らかの病気の可能性も否定はできません。顔汗から考えられる3つの病気と、顔汗以外の症状を見てみましょう。

 

●顔汗から考えられる病気 1:多汗症

顔汗から考えられる病気の代表とも言えます。多汗症ではないか、多汗症だったらどうしようと悩んでいる方も多いようです。

多汗症の場合は顔汗や手汗など一部からの汗以外にはあまり症状がないのが特徴です。

 

体がだるいといったことも少なく、どちらかといえばそれ以外は健康です。

ただし汗に関してはポタポタと落ちてくるほど多く、顔汗で化粧が出来ない、服の襟に顔からの汗がにじむなどの重篤な症状がみられます。

 

●顔汗から考えられる病気 2:パセドウ病

パセドウ病は甲状腺ホルモンの異常で、大量の汗をかくのが特徴です。これだけだと多汗症と見分けがつきませんがパセドウ病には特徴的な症状がいくつかあります。

 

まずは動悸があること、そして次に食べても食べても太らないことです。

パセドウ病の方は代謝が異常なほど促進されているのでカロリーを消費し続けてしまいます。

 

●顔汗から考えられる病気 3:更年期障害

早い人では30代半ばからみられるのが更年期障害で、顔汗は特に女性の更年期障害に多いようです。

外の気温に関わらず急に汗が出てくる、燃えたようにいきなり熱くなるのはホットフラッシュという現象です。

 

顔汗以外には気分の落ち込み、女性の場合は生理不順などが更年期障害の症状です。

 

顔汗から考えられる病気のうち最も汗の程度がひどいのは多汗症です。

その他にもパセドウ病や更年期障害などが顔汗と関わりの深い病気です。

 

気になる顔汗の3つの原因!あなたの顔汗タイプはどれ?!

顔汗にはいくつかの原因があると言われています。自分がどの原因に当てはまるかを知ることで顔汗にも対処しやすくなるので、以下の3つの原因の中から自分の顔汗の原因を探してみましょう。

 

●顔汗の原因 1:肥満

肥満の人は脂肪のせいで体の中の熱をうまく放出できず、結果的に顔だけではなく全身によく汗をかくといわれています。BMI22以上で体脂肪率も高ければ肥満ですので顔汗を止めるためにもまずは肥満の解消が適切です。

 

●顔汗の原因 2:多汗症

顔汗がひどいなと思った時にまず思い浮かぶ病気が多汗症だと思います。外の気温に関わらず、また運動してもいないのに汗をかくのが多汗症の特徴です。

 

多汗症の症状がひどければ病院で治療を受けるのが望ましいです。

 

●顔汗の原因 3:ほかの部分の汗腺が機能不足

顔だけに汗をかく、顔の汗が全身の中で一番ひどいという場合は顔以外の汗腺が休眠している可能性があります。

 

とは言えどもこの休眠状態は多くの場合で解消可能ですので手足を温めて発汗しやすくするなどの処置を取ってください。色々な場所の汗腺が働けばそこからも汗が出ていくので顔汗は減るはずです。

 

●汗に問題があるかどうかをチェック

顔汗を改善しようと考えているのであれば汗が健康かどうかもチェックしておいた方が良いです。

 

健康な汗とはサラサラで流れるような汗で、顔汗の場合もこのような汗ならそれほど問題はありません。首を冷やすなどの一時的な対処で汗が治まり、化粧崩れも少ないからです。

 

その一方で注意したいのはドロドロの汗です。 

顔汗の原因には多汗症や肥満、汗腺の休眠などがありますがいずれの場合も汗の種類を確認してください。

 

サラサラの汗なら健康的な汗で、気温の影響が大きいので大きな心配はいりませんがドロドロの汗は冬になっても顔汗をかくような、危険な汗の可能性が高いです。

 

 

汗を微弱な電気で抑え、安全性が高い?「イオントフォレーシス治療」とは

多汗症とは、体の特定の部位から通常より多く汗が分泌されるという疾患で、その程度は「少し湿っている」程度から「(体を動かすこと無しに)汗が滴り落ちる」程度まで様々です。

 

これらの治療法としてよく知られるのが汗腺除去手術や交感神経切除術ですが、交感神経を切ると他の部位から汗が分泌されるなどの副作用が報告されており、QOL低下にも結びつきます。

 

これに対し、大きな副作用無く微弱な電気治療で汗を抑えられるという治療法「イオントフォレーシス」があります。医師によれば、イオントフォレーシスは汗が常時滴り落ちるような重度の多汗症にも有効性があると述べられています。

 

多汗症の種類とは?

多汗症には、「全身性多汗症と局所性多汗症」の2種類がありますが、イオントフォレーシス治療の対象となるのは後者の局所性多汗症のみとなります。

 

<局所性多汗症は、4種類>

・手掌(しゅしょう:手の平)多汗症

・足蹠(そくせき:足の裏)多汗症 

・腋窩(えきか:わきの下)多汗症

・手掌足蹠(しゅしょうそくせき:手足両方)多汗症

 

⇒これらは、いずれも交感神経が過活動状態にあることによって汗腺が刺激されることで多汗症状となります。

 

イオントフォレーシス治療とは? 

イオントフォレーシス治療(イオン浸透療法)とは、微弱な電流を多汗部位に流すことで、汗腺分泌部にあるイオンチャンネルをブロックする、という原理に基いた多汗症治療法です。

 

現時点ではかゆみ・湿疹以外の重大な副作用も報告されておらず、手術なしに汗の分泌量が抑制できるため、安全性が高く非常に有用であるとされています。

 

<どこで治療が出来る?>

 

専門機器が置かれている皮膚科を受診すること、または市販の機器があります。

 

<使用方法は?>

1)多汗症の部位(手のひら、足の裏、わきの下)を水道水に浸し、それに微弱な電流を流す。

2)1回30分を基本に、症状の程度に応じて1回/日~1回/週×約2ヶ月間行う。

 

<原理は?>

水道水を電気分解した際に陽極側に生じる水素イオンに、対象部位を浸すことで取り込み、汗腺分泌部にあるイオンチャンネルをブロックさせる(汗腺細胞の細胞膜で常時行われる「イオンの出入り」を阻害することで、汗を生成させなくする)。

 

<メリットとデメリット>

■メリット

手術なしに多汗症を改善できる、人体に安全である。

 

■デメリット

治療回数が多い、効果が出るまで数ヶ月かかる。

 

 

最後に 

前述のように、手術による治療法には代償的に他の部位から発刊するなど、大きな副作用が報告されており、これらと比較すると、イオントフォレーシス治療は安全性が高いという事が出来ます。

 

ただ、一応は電流を使用しますので、不安がある場合にはまず医師に相談することが必要です。

 

 

ワキ汗の臭いの種類と原因

ワキ汗が臭いと指摘された、自分でワキ汗が臭いと思う場合はわきがの臭いかどうかをまずは確認してみてください。その上でわきがでなければほかの原因を突き止めて対策するとよいです。

 

●ワキ汗の臭いの種類・わきがの場合

わきがの場合は通常のワキ汗よりもひどく強い臭いがします。とはいっても本人は臭いに慣れているので気づかないこともあるかもしれません。

参考までにわきがの臭いの特徴を挙げると、最も多いのは雑巾のような臭いというものです。

小学校や中学校の掃除のときに使う雑巾をさらに臭く、そして酸っぱくしたような臭いがわきがの臭いで、何人もの人からそういった指摘を受けているならわきがの検査をしてみた方がよいかもしれません。

 

●わきがでなくともワキ汗は臭いやすい

もしもわきがでなかったとしてもワキ汗はほかの部分の汗に比べると臭いやすいのが特徴です。

というのもワキは服の下にある、腕を体に寄せると皮膚同士が密着して蒸れやすくなるなどの特徴があるからです。

ですのでわきがほどの臭いではない、汗の量はひどくないという場合はワキ汗ならではの蒸れやすさが原因と考えられます。

 

●蒸れを解消する

蒸れが原因と考えられるときにはワキ汗がでるたびにこまめに除菌シートなどで皮膚を清潔にするとよいでしょう。汗ふきシートはドラッグストアなどで販売しています。

その他、夏には会社への行きと帰りでインナーを変えるなども効果的です。

 

ワキ汗の臭いが気になるときには臭いの種類が酸っぱさや雑巾のような臭いを伴うわきがかどうか確認してみてください。

わきがではなく異常な量の汗でもない場合は蒸れやすいことからワキ汗の臭いがひどくなっていると予測されます。

 

(Photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

汗を異常にかく場合どの科を受診すればよいの?多汗症の治療方法

汗を異常にかく病気としては多汗症、更年期障害、甲状腺の異常などさまざまなもの...

無汗症には治療法がないって本当?謎の病気!?先天性無痛無汗症の危険性とは

汗が出ず、体温調節が出来ないという体の問題を引き起こすのが無汗症です。そんな...


もしかして汗疱?汗疹性湿疹?「あせも」と間違えやすい病気!

あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状が改善...

すぐに顔が赤くなってしまう!自律神経が原因で起こる赤ら顔の原因と治療法とは~敏感肌の赤ら顔を治す方法!~

冬に外へ出るだけで頬や鼻が赤くなる、緊張すると顔が赤くなるなどの事を赤ら...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る