カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ピロリ菌 >
  5. 胃潰瘍、胃炎など…病気の原因になる「ピロリ菌」について

気になる病気・症状

胃潰瘍、胃炎など…病気の原因になる「ピロリ菌」について

ピロリ菌は胃の粘膜に住みつく、らせん形をした菌で、強い酸性の胃液の環境の中でも平気で生息できてしまう菌です。このピロリ菌は胃や十二指腸などの病気の原因になるもので、様々な病気を発症するリスクを高めます。

 

慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)

慢性胃炎はピロリ菌が主な原因で発症するものとされています。ピロリ菌が胃の粘膜に感染すると炎症が起こるのですが、感染が長く続くことで胃粘膜の感染部位が広がっていき、最終的に胃粘膜全体に感染が広がり、慢性胃炎となります。

 

胃粘膜の症状は様々で、はっきりと傷とわかるものや、色の変化が見られるもの、萎縮しているもの、あるいはこれらが混ざり合っているものなどがあります。

 

胃潰瘍・十二指腸胃潰瘍

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因は慢性疾患と考えられていましたが、ピロリ菌による感染が認められるようになり、胃潰瘍や十二指腸の患者の9割以上がピロリ菌に感染しているとされています。

 

しかし、ストレスや飲酒などが原因となって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすこともあり、必ずしもピロリ菌が原因の病気というわけではありません。

 

胃ガン

胃ガンは胃粘膜細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つき、ガン細胞に突然変化することで発症します。ガンは悪性腫瘍とも呼ばれますが、ピロリ菌はこうした悪性腫瘍のリスクも高めます。

 

主に挙がる病気は上記の病気ですが、他にも様々な病気を発症する可能性があります。

胃MALTリンパ腫

特発性血小板減少性紫斑病

機能性胃腸症

胃ポリープ

 

こうした病気は治療の適用条件などはそれぞれ違いますが、ピロリ菌を除菌する治療によって効果を得られるものです。

 

ピロリ菌は感染すると胃粘膜に長く居座り悪さをします。これによって再発を繰り返すことが多いのですが、適切に除菌治療を行えば再発率はぐんと下がります。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●急に起こる胃痙攣のメカニズム

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピロリ菌に関する記事

「ピロリ菌」が口臭の原因に?

  胃炎や胃潰瘍、はては胃がんなどの原因となり、様々な病気を引き起こす「ピロリ...

LG21乳酸菌ヨーグルトの力

  ピロリ菌は多くの日本人が感染しているのですが、ピロリ菌によって慢性胃炎など...


胃のピロリ菌は放置するとポリープなど様々な病気の引き金になるってホント?!

ポリープができる原因… 日本人に多いポリープ、そのほとんどは過形性ポリープです...

胃がんの原因は細菌!?意外すぎるピロリ菌と病気の関連

  日本人は恵まれた衛生環境だからか、食べ物の違いからか、それとも遺伝子的にな...

カラダノートひろば

ピロリ菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る