カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. ハンセン病 >
  5. 角化型疥癬は感染しやすい!疥癬に感染しやすい人ってどんな人?

気になる病気・症状

角化型疥癬は感染しやすい!疥癬に感染しやすい人ってどんな人?

 

 

疥癬(かいせん)はヒセンダニが体に寄生して発症します。

症状は強い痒みと発疹疥癬トンネルといわれる、ヒセンダニが皮下組織に作ったトンネルのようなものができることも特徴です。

ヒセンダニはその疥癬トンネルを作り、そこへ卵を産み付けて繁殖を広げていきます。

疥癬には通常疥癬と角化型疥癬の2種類があり、通常疥癬はヒセンダニの寄生数は1000匹程度で感染力も低いものですが、角化型疥癬はヒセンダニの寄生数が500万~1000万もいるとされ、感染力も非常に高いものになります。

 

感染には免疫力が関係

疥癬の特に角化型疥癬に感染しやすい人は免疫力の低い人です。

ステロイドの薬を使っている人も薬の服用や使用によって免疫機能が低下しているので、非常に感染しやすい状態だといえるでしょう。

その他では免疫力の低い乳幼児や高齢者です。

 

角化型疥癬は感染しやすいので注意

角化型疥癬の患者は高齢者であることが多いため、病院や介護施設などで集団感染することがあります。

これは角化型疥癬が非常に感染力の高いものであるということで、短時間の接触や剥がれた角質などに触れただけでも感染してしまうことがあるからです。

疥癬に感染しやすい人はステロイドの薬を使用している人や、乳幼児と高齢者、そしてステロイドの薬を使用していることの多い高齢者と接触することが日常である、病院で働いている人や介護施設で働いている人です。

 

病院で働いている人や介護施設で働いている人は、免疫力が低くステロイドの薬を使用することが多い高齢者と接触する機会が長くなります。

 

角化型疥癬では短時間の接触や剥がれた角質に触れただけでも感染してしまう恐れがあるので、十分な注意が必要です。

患者に直接触れなくても、シーツや枕カバー、タオルなどに直接手で触れただけでも感染してしまう恐れがあるからです。

 

長時間の接触を避けるか、それができなければ直接触れる部分をなくすよう、手袋をしたり肌を露出しない服装にしたりするなど予防策が大切です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20111035274post-690.html])

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンセン病に関する記事

疥癬になった時の対処法!角化型疥癬に感染した人と接触する場合

    疥癬とはヒゼンダニが体内に寄生することによっておこる病気です。 ...

ハンセン病も恐れないで!早期に治療をすれば治ります!

    ハンセン病は皮膚や上皮の神経期間に障害のでる病気です。昔は「らい...


ハンセン病は治る病気です!ハンセン病を正しく理解しよう!

  ハンセン病は昔「らい病」と呼ばれ、本来治る病気であるにもかかわらず、ら...

抗生物質を服用するだけで治癒できる!ハンセン病の症状など

    ハンセン病は昔「らい病」といわれていました。本来感染は稀で遺伝性...

カラダノートひろば

ハンセン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る