カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. ハンセン病 >
  5. 疥癬になった時の対処法!角化型疥癬に感染した人と接触する場合

気になる病気・症状

疥癬になった時の対処法!角化型疥癬に感染した人と接触する場合

 

 

疥癬とはヒゼンダニが体内に寄生することによっておこる病気です。

主に手足や首、肘などの皮膚に症状が見られ、強い痒みと発疹などを伴います。

疥癬になった場合、感染するからといって隔離したり、感染者と接触する時に入念な予防が大切だといわれています。

 

疥癬に感染しやすい人は免疫力が低下している人

疥癬に感染する人は主に乳幼児や高齢者です。それは免疫力が低下しているからで、健康な成人はかかりにくい病気とされています。

しかしそれでも成人に感染する場合があります。それは、ステロイド系の内服薬や外用薬を使用している人達です。

 

ステロイドは免疫機能を低下させる

ステロイド系の薬は免疫機能を低下させてしまいます。そのため普通は健康で疥癬に感染しないような成人であっても、感染してしまう恐れがあるのです。

薬剤で免疫機能が低下されられていると、ヒセンダニが増殖してしまうことが原因なのです。

 

疥癬の種類

疥癬には通常疥癬と角化型疥癬の2種類に分類できます。通常疥癬はヒセンダニの量が1000匹程度ですが、角化型疥癬の場合は500万~1000万といわれており、通常疥癬に比べて非常に感染力の強いものとなります。

そのため、角化型疥癬に感染している人と接触した場合、ステロイド系の薬を使用しているとかなり高い確率で感染してしまうことになります。

 

対処法

疥癬に感染してしまった場合は、直ちにステロイド系の薬の使用を止めるようにしましょう。

また、角化型疥癬に感染した人と接触する場合は、短時間の接触や、はがれた角質に触れただけでも感染してしまう恐れがあります。

 

寝具やタオル、肌着など直接肌に触れるものは毎日洗濯し、できれば50度以上のお湯に浸けてから洗うようにしましょう。

これはヒセンダニは50度以上で死滅するためです。

毎日入浴したり、部屋を清潔に保ったりすることも大切です。

 

特に角化型疥癬に感染している人と一緒に住んでいたり、長時間接触する場合は、寝室を別にしたり直接肌同士が触れ合わないようにすることにも気をつけたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20110824213post-459.html])

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンセン病に関する記事

疥癬(かいせん)ってどんな病気?適切な治療で簡単に治ります!

  疥癬(かいせん)という病気をご存知でしょうか? 疥癬とはヒゼンダニに...

遺伝?伝染?ハンセン病を正しく理解するために

     ハンセン病はかつては癩病(らいびょう)と呼ばれ、1996年に癩予防...


ハンセン病は治る病気です!ハンセン病を正しく理解しよう!

  ハンセン病は昔「らい病」と呼ばれ、本来治る病気であるにもかかわらず、ら...

抗生物質を服用するだけで治癒できる!ハンセン病の症状など

    ハンセン病は昔「らい病」といわれていました。本来感染は稀で遺伝性...

カラダノートひろば

ハンセン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る