カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. ハンセン病 >
  5. 疥癬(かいせん)ってどんな病気?適切な治療で簡単に治ります!

気になる病気・症状

疥癬(かいせん)ってどんな病気?適切な治療で簡単に治ります!

 

疥癬(かいせん)という病気をご存知でしょうか?

疥癬とはヒゼンダニによっておこる感染症です。昔からあった皮膚疾患で昔は治りづらいものでしたが、現在では適切な治療を行えば簡単に治る病気ですし、適切な対応を取っていれば感染を未然に防ぐこともできます。

 

ヒゼンダニ

疥癬を引き起こす原因とされているヒセンダニは、非常に小さなダニで肉眼では見えないくらいの大きさです。

洋ナシ形の体(顕微鏡では楕円形に見える)に腹部にはヒダが、背部には多数の短いとげのようなものが生えています。

卵→幼虫→若虫→成虫と変化し、人の体温が最も活動が活発になる適温で、人から離れると動きが鈍くなり16℃以下で動けなくなります。

人の体でも手や手首に最も寄生し、その割合は全体の約60%を超えます。

次いで肘→足→陰部となっていきます。

 

症状は?

感染後、約1~2ヶ月の潜伏期間を経て発症します。

特に強い痒みで夜も眠れないほどになるようです。皮膚には丘疹や結節、疥癬トンネルというものが見られるようになります。

 

  • 丘疹→直径10ミリ未満の硬く盛り上がった皮膚病変(イボや虫刺されに似た症状)
  • 結節→硬く盛り上がったしこりで、丘疹よりも目立つ
  • 疥癬トンネル→ヒセンダニが掘ったトンネルでそこに卵を産みつけさらに拡大させていく

 

治療方法は?

イベルメクチンという内服薬を服用するのが効果的です。

少量の薬を一度飲むだけで効果があるようです。

塗り薬では、リンデンという薬やオイラックスが効果的であるようです。

しかしオイラックスには副腎皮質のステロイドが含まれているオイラックスHというものも存在します。

ステロイド剤は症状を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

また硫黄剤を入浴時に使用することも効果があるようです。

 

疥癬に感染してしまったら、病院で治療を受けるようにしましょう。

人から人へと感染してしまうので、感染した場合は周りへの配慮や、感染拡大を防ぐ努力をしなければなりません。

特に高齢者や乳幼児など抵抗力が弱いと感染しやすくなってしまいますので、十分注意するようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20111003302post-824.html])

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンセン病に関する記事

ハンセン病の治療薬はすでにあります!治療の方法と完治までにかかる期間を見てみよう

ハンセン病は治療しないまま放っておくと、人に感染させてしまう恐れがあるだけでは...

ハンセン病も恐れないで!早期に治療をすれば治ります!

    ハンセン病は皮膚や上皮の神経期間に障害のでる病気です。昔は「らい...


抗生物質を服用するだけで治癒できる!ハンセン病の症状など

    ハンセン病は昔「らい病」といわれていました。本来感染は稀で遺伝性...

ハンセン病ってどんな病気?

     ハンセン病はらい菌の感染によって起こる感染症で、以前は癩病(らいび...

カラダノートひろば

ハンセン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る