カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 梅毒 >
  5. 梅毒かも?と思ったら…症状を知って判断しよう!

気になる病気・症状

梅毒かも?と思ったら…症状を知って判断しよう!

 

梅毒に感染してしまったかもしれない…と思ったら早めに病院を受診し、適切な治療を行ってもらわなくてはなりません。

しかし、いきなり病院へ行くのは恥ずかしいし、もし違っていたら?症状などから自分で事前に判断してみましょう。

 

梅毒は皮膚の粘膜や傷口から病原菌が侵入して感染する病気です。

特に性交渉で感染することが多く、現代社会の性の乱れも合わさって、最近ではこの梅毒に感染する人が増えています。

 

梅毒の症状

感染力の高い2年までを第1期、第2期の早期梅毒といい、それ以降の感染力がなくなる期間が第3期、第4期になり晩期梅毒といいます。

感染してから、2~3週間で症状が見られ、小豆大のしこりや太ももの付けのリンパ節が腫れるなどの症状がでてきます。

しかしこれらは痛みを伴わないので気がつかずに放置されることもあります。

また、これらの症状は1ヶ月くらいで消えてしまうので、その症状を見逃してしまうこともあります。

それからしばらくは症状が出ていない状態が続きますが、それでも感染していることには変わりありません。

そして、感染から3ヶ月から3年の間に病原菌が血液中に入り込み、全身に感染が広がります

そうすると太ももの付け根のリンパ節が大きく腫れてきたり、バラ疹といわれるピンク色のアザや赤茶色のブツブツが全身に出てくる、第2期になります。

この時点で何かの病気にかかったのでは?と自覚する人が増えてくるのです。

 

梅毒に感染したとわかったら、早急に病院で治療を行ってもらうようにしましょう。

もちろん性行為は感染を移すことになりますので控えなければなりません。

しかし病院へ行く時間が無い人や恥ずかしくて行きづらいひとには、自宅でもできる検査キットというものが存在します。

それらを利用して梅毒かどうかの判断をしてもよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130235049post-2436.html])

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

梅毒に関する記事

梅毒ってどんな病気?

 梅毒とは、梅毒トレポネーマの感染によっておこる性感染症です。    感染経路...

梅毒の症状段階、第1期~第4期 早期発見と適切な治療が大事!

  梅毒は皮膚や粘膜などの傷から病原菌が侵入して感染する病気です。 性行為で最...


梅毒の治療法~感染を拡大させないためにはどうする?

  梅毒は性交渉などで感染することが多い性病です。粘膜や傷口から病原菌が入...

梅毒って昔の病気じゃないの?最近増加中の梅毒の特徴って?あなたは大丈夫?

梅毒という病気を聞いたことがありますか? 性病のひとつですが、昔の病気とい...

カラダノートひろば

梅毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る