カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 梅毒 >
  5. 梅毒の症状段階、第1期~第4期 早期発見と適切な治療が大事!

気になる病気・症状

梅毒の症状段階、第1期~第4期 早期発見と適切な治療が大事!

 

梅毒は皮膚や粘膜などの傷から病原菌が侵入して感染する病気です。

性行為で最も感染しやすいことから性病とされており、男性同士の性行為での梅毒感染が特に多いとされています。

 

梅毒は初期段階で適切な治療を受ければ、大事には至らない病気です。

しかしそのまま放置しておくと、性行為で梅毒の感染を広げるだけでなく、末期症状では心臓や血管、神経や眼に障害が残ってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

第1期

感染直後は症状も見られませんが約3週間ほどで第1期の症状が現れます。

感染した部位に痛みの無い小豆程度のしこりができます。

また、太ももの付け根辺りに痛みの無いリンパ節の腫れがみられるようになりますが、これらの症状は放置しておいても2~3週間程度で消えてしまいます。

 

第2期

感染してから約3ヵ月後くらいに症状の第2期が訪れます。

バラ疹と呼ばれるピンク色の円形のアザと、赤茶色の豆粒くらいのブツブツが全身に現れ、脱毛症状が見られるようになります。

これらは3ヶ月から3年程度の症状で次第に消えていきます。

また、足の裏から全身に発疹ができますが、これも症状は1ヶ月程度で消えてしまいます。

 

第3期

感染してから3年以上経過すると第3期に入り、結節性梅毒疹やゴム腫などの大きなしこりが皮下組織にできるようになります。

 

第4期

末期症状の第4期では、心臓や血管、神経や眼に障害がでるようになります。

 

第3期と第4期は最近ではほとんど見られない症状で、この段階になる前に適切な治療をして完治させているからです。

 

梅毒は早期に発見し適切な治療を行えば簡単に完治する病気です。

症状が進むにつれて症状は悪化しますし、感染期間中は他者に感染を移し感染を拡大させる可能性も大きいので、早期発見と治療が大切です。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130542137post-2748.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

梅毒に関する記事

HIVへの感染率が上がります!梅毒は早期治療を!

     梅毒とは梅毒トレポネーマの感染によって起こる性感染症です。   ...

先天性梅毒について

     先天性梅毒は、梅毒トレポネーマに感染した母親から胎盤を通じて胎児に...


梅毒かも?と思ったら…症状を知って判断しよう!

  梅毒に感染してしまったかもしれない…と思ったら早めに病院を受診し、適切...

梅毒の治療法~感染を拡大させないためにはどうする?

  梅毒は性交渉などで感染することが多い性病です。粘膜や傷口から病原菌が入...

カラダノートひろば

梅毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る