カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. >
  6. 歯ブラシが始まる前の虫歯予防ケア〜歯磨き練習までのポイント

育児・子供の病気

歯ブラシが始まる前の虫歯予防ケア〜歯磨き練習までのポイント

 

ブラッシングできるようになる前から虫歯対策は始まっています。

 

歯磨きの習慣付けを

虫歯予防のためには子どもの歯磨きを習慣づけてあげることが大切です。そのためには自分で歯磨きができるようになる前から日常的に口の中を清潔にしてあげましょう

 

歯ブラシに慣れさせるためには

いざ歯磨きを始めよう!と思っても、中には歯ブラシを口に入れるのを嫌がる赤ちゃんがいます。そうならないために歯磨きトレーニングの前段階として、まずは「歯ブラシを口に入れる」ことに慣れさせます。赤ちゃん用の歯ブラシで歯に触れてみましょう。嫌がるようであればすぐにやめ、根気よく慣らしていきます。

 

歯固めの時期に歯ブラシを咥えさせるも効果的です。咥えたまま転倒して怪我をしないように気をつけましょう! 

 

始めよう! プレ歯磨き

前歯がはえたら(6ヶ月頃~)

濡らしたガーゼで歯の表面をぬぐいます。唾液で汚れが落ちやすい下の歯よりも、上の歯を念入りにぬぐってあげます。赤ちゃんが嫌がる場合は無理せずに短時間で済ませるか、湯冷ましを飲ませて汚れを洗い流します。

 

この時期は汚れが完全に落ちなくても大丈夫なので、それよりも歯磨きに赤ちゃんが慣れることを目指しましょう。

 

上下の前歯が生えそろったら(1歳頃〜)

食後は水やお茶をコップで飲むようにして、汚れが歯に残りにくいようにします。これまでも「ガーゼみがき」を継続すると共に、上に書いたように「歯ブラシに慣れる練習」をしていきます。

 

歯ブラシに慣れてきたらいよいよ歯磨きの開始です。子どもの機嫌のいい時に、一本ずつやさしくブラッシングしてあげましょう。できそうであれば子どもに自分でブラッシングさせ仕上げは大人がしてあげましょう

 

奥歯が生えたら(一歳半頃〜)

自分で歯磨きをする習慣づくりを促しましょう。最後は大人が膝の上に頭をのせてあげて、仕上げみがきをします

 

 

大人は声かけしたり歌を歌ってあげながら、子どもが歯磨きを楽しめる工夫をしてあげましょう。また、甘いお菓子や飲みものをダラダラと食べさせないなどの工夫も虫歯予防のために必要です。

 

 (イラスト: by 著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

子供の歯を守ろう!永久歯に悪影響!?乳歯のエナメル質形成不全

早い子は生後半年くらいで下の歯ぐきから白い歯が顔を出します。真っ白なキレイな歯...

乳歯だからといって油断しないで!乳歯が生えたらやるべきこと

乳歯の生える6か月頃、正しいケアをして、大事な乳歯を守りましょう。  乳歯...

歯の体験談

生後5ヶ月★歯の生え始め〜歯ぎしり

うちの娘ちゃん、生後5ヶ月頃に下の歯2本生え始め、6ヶ月の後半から上の歯2本生え始めました。 ...

乳首が痛いと思ったら、歯が生えてた!

最近、おっぱいをあげているときにやたら乳首が痛かったんです。 遊び飲みをしているから飲み方が浅くな...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る