カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 言葉 >
  6. 赤ちゃんへの声かけの意義とポイント

育児・子供の病気

赤ちゃんへの声かけの意義とポイント

 

赤ちゃんへの声かけは良いと言われていますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

 

おしゃべりは言葉の「理解」から始まる

赤ちゃんのおしゃべりは待ち遠しいですよね。この言葉の発達というのは「発声」の前にまず言葉の「理解」が先にきます。つまり赤ちゃんが言葉を理解すると、その後に音声となって口から発せられるわけです。実際には1歳頃までは「あー」や「うー」のように意味をなす言葉ではありませんが、赤ちゃんの頭の中ではある程度言葉の意味が理解できています

 

ですから、はっきりと言葉を話せる前から大人が色々な言葉をかけてあげるのが大切なのです。日常の些細なことでも話しかけたり、絵本を読聞かせてあげると良いでしょう。

 

赤ちゃんへの共感を言葉にしてあげることが大切

赤ちゃんが何かに興味を示した時には声をかけてあげましょう。例えば犬を見かけて興味を示したのであれば「わんちゃんがいるね」というような感じです。

 

こうすることで赤ちゃんは自分の意志が大人に伝わったと感じ、嬉しくなってもっともっと言葉を発しようとします。これが言語の発達の原動力になるんですね。

 

豊かな表情で話しかけて

赤ちゃんの正面から目をしっかり見て声かけをしてあげることは、言語の発達だけではなく大人と赤ちゃんの信頼関係を気づく上でも大切です。そして赤ちゃんは大人の表情も読み取ります。決して無表情ではなく、豊かな表情で接してあげるようにしましょう!

 

 

とはいえ、たくさん声かけをしたからといっておしゃべりが早くなるとは限りません。あせらず楽しみながら声かけをしていきましょうね。

 

 

(Photo by: 著者)

著者: いりかさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

言葉に関する記事

言葉が遅い…これって難聴? 原因と聞こえのチェックポイント

  言葉の発達は個人差が大きいものですが、あまり遅いと難聴ではないかと心配...

乳児の言葉の理解とは?言葉が早い=賢いというわけではない!

  赤ちゃんはいつから言葉を理解しているのでしょうか。 赤ちゃんにどんな...

言葉の体験談

お喋り♪

4ヶ月になるムスメちゃん♡ 近頃、ムスメの言ってる事が変わりました(๑•̀ㅂ•́)و✧ そう...

7ヶ月の言葉

まだまだ喃語ですが、7ヶ月に入って「ぱっ」と唇を合わせて出すことを覚えたみたいです。 よく「ぱ...

カラダノートひろば

言葉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る