カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 言葉 >
  6. 赤ちゃんの言葉の理解のサイン!「指差し」を見逃さないで

育児・子供の病気

赤ちゃんの言葉の理解のサイン!「指差し」を見逃さないで

 

言葉の発達に関係が深いのが赤ちゃんの「指差し」です。この指差しが見られるようになったら色々な物事の名前を赤ちゃんに教えてあげる頃合いなんです。

 

だいたい9カ月頃の赤ちゃんは物を「指さし」するようになってきます。この指差しは赤ちゃんの要求や興味を表しています。それに対して大人は名前を教えてあげながら応えてあげるようにしましょう。

 

やり方

例えば道ばたの猫を指差しているようであれば「これはネコさんだよ」、車のオモチャであれば「ブーブーが欲しいの??」という感じです。こうして赤ちゃんの頭のなかには物事の名前がインプットされていきます。

 

すぐに、というわけにはいきませんが、こうしてインプットされていった名前がある日、突然赤ちゃんの口から発せられるようになります。

 

 

指差しができる、ということは立ち上がって手が自由に使えるということです。これによってハイハイまでの時期に比べて一段と視野や行動範囲が広がり、赤ちゃんの外部への興味もぐっと大きくなっています

 

これに大人がしっかり応えてあげることが赤ちゃんの成長を後押しします。自分の指差しに大人が反応してくれることを赤ちゃんはちゃんと理解しています。そして嬉しくなってもっともっと色々なものに興味を示すようになるでしょう。

 

 

中にはあまり指差しをしないでも言葉を話す赤ちゃんもいますが、一般的には「指差し」は赤ちゃんの言葉の発達において大きなキーポイントです。指差しが始まったら意識して対象の名前を語りかけてあげるようにしましょう!

 

 

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: いりかさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

言葉に関する記事

赤ちゃんへの声かけの意義とポイント

  赤ちゃんへの声かけは良いと言われていますが、具体的にはどのような効果が...

言葉が遅い…これって難聴? 原因と聞こえのチェックポイント

  言葉の発達は個人差が大きいものですが、あまり遅いと難聴ではないかと心配...

言葉の体験談

お喋り♪

4ヶ月になるムスメちゃん♡ 近頃、ムスメの言ってる事が変わりました(๑•̀ㅂ•́)و✧ そう...

7ヶ月の言葉

まだまだ喃語ですが、7ヶ月に入って「ぱっ」と唇を合わせて出すことを覚えたみたいです。 よく「ぱ...

カラダノートひろば

言葉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る