カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. エアコンによる喉の痛みを予防する使い方

健康診断・健康管理

エアコンによる喉の痛みを予防する使い方

夏に喉が痛みやすいという方はエアコンの使い方に問題があるのかもしれません。暑い夏が続く年にはどうしてもエアコンの使用率も高くなりますし使用時間も長くなりますが、喉の痛みを解消するためにはエアコンの使い方に少し気を配った方が良いです。

 

●エアコンで喉を痛めるのはなぜ?

エアコンで起きる喉の痛みは簡単にいえば乾燥から来ている痛みです。喉はある程度湿潤していないと痛み出します。

例えば口呼吸の方の場合は、朝起きた時に水を飲まないと喉が痛いという方も多いようです。これは口の中や喉から水分がなくなることで起きる現象です。

エアコンも空気を乾かしやすい、湿度を下げやすいので喉を痛める原因になるのです。

 

●寝る前の設定が重要!

喉を痛めないようにエアコンを使うのであれば大事なのは寝る前の設定です。寝るときに自分が寝室に入る前にしっかり部屋を冷やしておけば寝ている間の乾燥を防げます。

まず、就寝1時間半前くらいになったら設定温度を低めの26度にして冷房をかけて、就寝するときには設定温度を28度まで上げてください。

 

●エアコンの手入れは頻繁に

エアコンでの喉の痛みを防ぐにはエアコン自体を動きやすく、快適に使えるようにする工夫も重要です。

そのひとつがフィルターで、ごみやほこりがエアコンによってまき散らされるのを防いでくれるのでフィルターの掃除は2週間に1回程度行いましょう。

 

エアコンで喉を痛める理由は乾燥してしまうからです。エアコンで喉を痛めないようにするには就寝時の設定を28度ぐらいにすること、部屋を冷やしたい場合はその前に冷やしておくことです。

その他にエアコンの手入れを頻繁にすることで埃やごみの拡散が制限され、喉も痛みにくくなります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

夏に体調を崩しやすい…夏バテの原因とは?エアコンの上手な使い方を知ろう

ジメッとした日本の夏ですが、このジメジメは湿度の高さが原因と言われています。こ...

節電のためには、エアコンはつけっぱなしの方がいい!その理由とは?

電気代のために節電・節約を考えると、エアコンの使い方に気を配る方も少なからずい...


夏野菜の良い選び方と、管理方法とは?夏野菜を生で食べる時の注意点

夏の時期には、美味しい旬の野菜たちが沢山売られます。見た目だけの鮮やかさに留ま...

夏風邪の予防には「口腔・胃腸粘膜」の強化がカギ!粘膜を強化する4つの夏食材とは?

夏場は、ほかに季節に比べて免疫力が低下する傾向にあります。また冷えた飲み物やエア...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る