カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 乾燥や風邪の引き始めのせいで痛む喉、痛み対策のツボを覚えよう!

気になる病気・症状

乾燥や風邪の引き始めのせいで痛む喉、痛み対策のツボを覚えよう!

 

周囲の乾燥で喉が痛む場合、風邪の引き始めで喉が痛む場合などには喉の痛み対策のツボも有効です。

 

●大都のツボ

喉の痛みに効くツボとして多くの人に知られているのが大都のツボです。ツボの位置は足の親指の付け根で、指を曲げた時に支点となる部分です。

 

この大都は喉の痛みの他に扁桃炎、リンパ液の停滞にも効くので扁桃炎になりやすい体質の方にもおすすめです。

温熱療法で刺激するのが有効なので線香灸を使うとよいでしょう。

 

●天容のツボ

大都のツボよりももっと喉にダイレクトに効くのが天容のツボです。喉の痛み対策に風邪をひきやすい時期には意識的に1日数回天容のツボを押すという方もいます。

 

天容のツボは耳の真下のくぼみからさらに指一本分後頭部に向かったところにあるツボです。喉の上を意識すると探しやすいです。

天容のツボは温熱療法ではなく指圧がおすすめで、人差し指の腹でじっくりと押していくとよいでしょう。

 

●湧泉のツボ

湧泉のツボは喉の痛みの解消のほかに疲労回復にも効きます。風邪をひきやすい、疲れやすい、ハードな仕事をしている方には湧泉のツボの刺激がお勧めです。

 

湧泉のツボは足の裏の真ん中から少し上にあります。足の人差指と中指の間から足裏の真ん中まで線を引き、指1本分くらい足先に移動させた場所が湧泉です。

ゴルフボールなどで足裏全体を刺激すると自然と湧泉も刺激されます。

 

軽い風邪や喉の痛み対策にはツボ押しがお勧めです。喉の痛みに効くツボには足にある湧泉や大都、耳の下にある天容などがあります。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●エアコンによる喉の痛みを予防する使い方

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

風邪をひいた時、お風呂に入ったらNGなのは昔の話!?

風邪をひいたらお風呂に入らない方がよい、と昔から言われています。しかしそれは昔...

うがい手洗い「目薬」!?「除湿」!?夏風邪の予防法は、冬の風邪と違うって知ってた?

  夏の風邪予防を正しくできているでしょうか?夏風邪の予防法は、冬の方法とはちょ...


加湿や手洗いうがい、マルチビタミン…簡単に出来る風邪対策とは

    秋から冬になるにしたがって、風邪をひくことが多くなってきます。冬場に...

夏風邪はなぜ起こる?!普通の風邪とどう違うの?夏風邪予防には何が効く?

 年中“風邪”という症状は私たちに襲いかかってくるものですが、夏場にひく風邪は...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る