カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. >
  6. 生えかけの歯でも気を付けたい!「おっぱい虫歯」と「哺乳瓶虫歯」

育児・子供の病気

生えかけの歯でも気を付けたい!「おっぱい虫歯」と「哺乳瓶虫歯」

 

 

歯が生え揃う前から虫歯の危険はあります。歯が生えてきたら授乳の習慣や方法に気をつける必要があるんです!

 

おっぱい虫歯とは?

夜に寝かしつけながらの授乳が主な原因でできる虫歯です。寝ている時は唾液の分泌が減少し、歯に母乳が残ってしまうために虫歯になりやすくなってしまいます。できるだけ寝かしつけの授乳の習慣を終わらせ、どうしても飲ませてしまった時は濡れたガーゼで歯を拭いてあげるようにしましょう。歯の裏側も忘れずに!

 

哺乳瓶虫歯とは?

おっぱい虫歯と同様に寝かしつけの授乳で起こる虫歯のほか、哺乳瓶を使って牛乳やジュースを与えることでできた虫歯のことです。こちらもおっぱい虫歯を予防するケアと同様にしましょう。また、哺乳瓶で飲ませるものを水やお茶に変えてみるのも効果的です。

 

寝る前以外でも、飲み物はジュースや乳酸菌飲料は避けて水やお茶にするのが理想的です。

 

断乳のタイミングは?

おっぱい虫歯や哺乳瓶虫歯の予防のためにも断乳の時期を考えたいところです。無理矢理やめさせるのは避けたいところですが、だいたいの目安として1歳を過ぎたら断乳を意識して始めると良いと言われています。

 

夜泣きをするのでしかたなく・・・

寝る前にきちんと歯磨きをしても、夜泣きを寝かしつけるために授乳をしてしまうと効果が半減してしまいます。親にとっても夜泣きは負担になりますから、以下の方法を試してみましょう。

水やお茶を飲ませる

喉が渇いて夜中に起きてしまうことがありますが、この時期であれば必ずしもおっぱいやミルクでなければいけないというわけではありません。寝る前にも飲ませておけば夜中に喉が渇きにくくなります。

日中にしっかり身体を動かす

たくさん遊んで適度に疲れておくことで、夜もぐっすりと眠ることができます。

 

 

乳歯の虫歯は進行が早く、また子どもが自分で自覚症状を訴えることができません。虫歯の早期発見・治療も大切ですが、そもそも虫歯にならないような習慣を意識して行うことが重要です。

 

 

 

(イラスト: by 著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

幼児の歯科健診の時期と必要性…仕上げ磨きを忘れずに!

歯は一生ものです。 小さい頃の歯は乳歯から生え、やがて永久歯へと生え変わる...

子どもを虫歯にさせない!そのための3つのコツとは

子どもを虫歯にはさせたくない! 綺麗な歯をずっと守ってあげたいという思いは...

成長の目安の体験談

ハイハイしてる…かな?

9ヶ月半になり、ズリバイから身体を持ち上げたハイハイへと成長しました! まだスイスイ進むことは...

生後9ヶ月頃からの人見知り。娘も息子もそうでした。

娘が2歳1ヶ月、息子が9ヶ月となった年末年始、実家と義実家に帰省してきたんですが、息子が人見知りする...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る