カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. >
  6. 知っておきたい虫歯予防・治療法「シーラント」と「サホライド」

育児・子供の病気

知っておきたい虫歯予防・治療法「シーラント」と「サホライド」

子どもの虫歯予防、虫歯治療で最もメジャーなのが「シーラント」と「サホライド」を使ったものです。ここではこの2つをご紹介します。

 

シーラントとは?

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にレジン(プラスチック)を塞ぐことで虫歯を予防する治療法です。奥歯の溝の部分はブラッシングしにくいために磨き残しが多く、虫歯になりやすいので、ここを埋めることは虫歯予防に有効であると言われています。

 

治療費は保険適用であれば一本数百円、適用外の場合は一本数百円〜二千円円前後で行えます。

 

注意点

シーラントはあくまで塞いだ部分にのみ効果があるので、歯と歯の間や側面など、他の部分はきちんとケアをしないといけません。また、虫歯の予防法なので、既に虫歯がある場合や虫歯菌が奥歯の溝にある状態で処置をしても意味がありません。

 

処置した後も何かの拍子にレジンが取れてしまうこともあるので、定期的な検診が必要です。

 

サホライドとは

殺菌作用と虫歯抑制作用を持つ薬剤のことで、乳歯の初期の虫歯の進行止めに使われます。

 

注意点

有効な治療手段ではありますが、薬に含まれる成分によって治療した部分が黒くなります。どうしても気になる場合は黒くなった部分を削って、白い詰めものをすることもできるので歯科医に相談してみましょう。

 

虫歯の治療に対するサホライドの使用には保険が適用されますが、こういった詰め物は保険適用外の場合があります。

 

また、虫歯の進行が100%止まるというわけではないので、経過観察が必要になります。

 

サホライドを塗った直後に薬の部分を舐めたり触ってしまうと、その部分も黒くなってしまうことがありますが、これは皮膚の新陳代謝でじきに無くなります。

 

虫歯ができるのは歯磨きの方法や食生活が大きく関係しています。こういった治療をしたからといって安心しきってはいけません。

 

虫歯になりそうな習慣・虫歯になってしまった習慣を見直し、改善していくことが大切です。親子そろって健康な歯を目指しましょう!

(イラスト: by 著者)

著者: いりかさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

幼児の身近に潜むトラブル!歯のケガにはどう対応するべき?

    幼児の歯のトラブルで最も多いのは、転んだりして歯を打ってしまったという...

乳歯はいつ生えそろうの?赤ちゃんの歯並びが悪い…いつから矯正できるの?

赤ちゃんの歯の最初の1本が生えた時には、思わず嬉しくなってご家族に報告したとい...

成長の目安の体験談

我が子の癖(生後4ヶ月になって)

生後3ヶ月後半ごろからやら頭を左右に振って布団に頭をこすりつけるなあと思っていたら・・・とうとう後頭...

兄弟でも全く違う☆赤ちゃんの性格

現在2人の子供の子育てに奮闘する毎日ですが、1人目と2人目同じ兄弟でもこうも違うのかと驚く毎日です(...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る