カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. ADHD(注意欠陥多動性障害)のセルフチェックリスト

育児・子供の病気

ADHD(注意欠陥多動性障害)のセルフチェックリスト

 

ADHDは発達障がいの一つで、前頭葉の機能やセロトニンやドーパミンといった脳内神経伝達物質の分泌が原因で起こると言われています。

 

何度も同じ失敗を繰り返したり、極端に忘れ物が多い、といった症状の特徴がありますが、これらはある程度はどの子どもにもみられることです。

 

以下に診察の目安となるセルフチェック項目を挙げました。「もしかして?」と思ったら子どもをよく観察してこれらがいくつ当てはまるかどうか調べてみましょう

 

  1. 人の話を集中して聞くことができない
  2. じっとしていることが出来ず、落ち着きが無い
  3. 忘れ物や物を無くすことが多い
  4. 順番が待てず、割り込みをしてしまう
  5. かんしゃくをすぐ起こしてしまう
  6. 遊んでいて怪我をすることが多い
  7. 時と場所をわきまえずにおしゃべりをしてしまう
  8. 相手の話を最後まで聞かずに自分が話し出す
  9. 集団行動がうまくできず、友達が少ない
  10. 友達の邪魔ばかりしたり、よくちょっかいを出す
  11. 宿題などを最後までやりきることができない
  12. 物事を順序だてて行うことができない
  13. 大切な約束や予定をよく忘れてしまう
  14. 授業中に座っていられずに歩き回ってしまう
  15. 静かに行動することが苦手である

 

この中から6項目以上当てはまる場合は、ADHD(注意欠陥多動性障害)の可能性があります。

 

 

ADHDはかつてに比べればその理解や解明が進んでいます。早期に発見して治療・対策を行うことが大切です。

 

 

(イラスト: by 著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発達障害に関する記事

アスペルガー症候群であることの早期発見の必要性

  アスペルガー症候群であることの早期発見の必要性   子供がアスペル...

うまくコミュニケーションが取れない…子どもの広汎性発達障害の3つの特徴

広汎性発達障害とは、社会的にうまく行動したりコミュニケーションをとることがで...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

発達障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る