カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 帝王切開後、なぜか頭痛がひどい…産後の頭痛の謎を解明!原因は麻酔だった?!

妊娠・出産

帝王切開後、なぜか頭痛がひどい…産後の頭痛の謎を解明!原因は麻酔だった?!

帝王切開で出産した場合、産後の頭痛に悩まされることがあります。吐き気や嘔吐をともなうこともあり、赤ちゃんのお世話も困難になるほど辛い場合も...。

そこで今回は、帝王切開後に起こる頭痛についてご紹介します。

 

麻酔と帝王切開後の頭痛の関係

帝王切開では、腰に麻酔の注射を打つのが一般的です。腰椎に針を刺し、髄液中に麻酔を注入するのですが、この針の穴から髄液が漏れることで頭痛が起きると言われています。

 

髄液が漏れると、脳の状態や血流などが変化するため頭痛になるといわれており、漏れた量が多いほど症状も重い傾向にあります。

 

しかし、これは注射のミスではなく脊髄への注射においてごく普通に起こること。帝王切開の時だけでなく、腰椎麻酔であれば同じような症状が現れます。

 

帝王切開で起こる頭痛への対処法

起き上がったり座ったり、上体を起こしたり頭を動かすだけで吐いてしまうこともあるため、しっかり横になって安静にしていましょう。時間の経過と共に数日から数週間くらいでよくなる場合が多いようです。

 

水分をとることで痛みが和らぐ場合もあるため、水分補給も忘れずに。それでも耐えられないようであれば、医師に相談し、授乳中でも服用できる薬を処方してもらいましょう。

 

頭痛以外にも体に不調がでる場合も

帝王切開で出産した場合、頭痛以外にも体に不調が出る方もいらっしゃるようです。

 

・熱

・傷の痛み

・子宮伸縮による痛み など

 

人によって症状は異なりますが、産後は安静に過ごし体を休めることが大切ですよ。

【体験談Pick Up】帝王切開後の傷の痛み

投稿者:masa86さん

 

帝王切開後は寝たきり、絶食

手術後は痛み止めの点滴を背中に刺しっぱなし、痛み止めをしていても傷は痛みます。 麻酔をしたから下半身は動かない、絶食なので食事はなし。 水分は許可が出れば取ることができます。 それまでは点滴です。もちろんつけっぱなし。トイレも行けないので管を通しています。

 

帝王切開の術後数日

寝たきりでいられないので動く練習もします。 座ることから始め、看護師さんから見守ってもらいながらの歩行。 この歩行ができるようになればお手洗いに行けるので尿の管は外れます。 そのうち痛み止めの点滴も外れます。 そして痛み止めの薬でなんとかやっていくのです。 痛みは少し動くだけでも激痛、くしゃみなんてできないですよ。 痛みが無くなってきたのは退院するくらいでしたね。(一部抜粋)

 

入院中はしっかり休養。退院後も無理はせずに

病院を退院したら育児が始まります。体調が悪くてもしっかり休むことはできません。帝王切開での出産の場合、ママのお腹に大きな傷が出来てしまうため、しっかり入院中は休養し、退院後も無理は禁物です。

 

また、今回ご紹介した帝王切開により起こる頭痛は、トイレに起き上がるだけで吐いたり、授乳したくてもできなかったりと、とても辛い症状です。早く回復して育児に専念できるよう、症状が何日も続く場合は早めにお医者さんに診てもらいましょう。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

妊娠・出産でまさかの痔!予防にウォシュレットを使うときに気をつけたい4つのポイント

妊娠中や出産後に痔になる女性は多いもの。一度痔になるとなかなか治らないためとって...

マタニティーブルーが原因で不眠になるの!?妊娠中・産後に知っておきたい解消法5選

妊娠中や産後のママの悩みとしてよく耳にする「マタニティーブルー」。実はこれが原因...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る