カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 頭痛 >
  5. 帝王切開後、なぜか頭痛がひどい…産後の頭痛の謎を解明!原因は麻酔だった?!

妊娠・出産

帝王切開後、なぜか頭痛がひどい…産後の頭痛の謎を解明!原因は麻酔だった?!

帝王切開で出産した場合で、産後の頭痛に悩まされることがあります。

吐き気や嘔吐をともなうこともあり、赤ちゃんのお世話も困難になるほど辛い場合もあります。

これは手術の前に行われる麻酔の注射が原因だといわれているようです。

 

■麻酔と頭痛の関係

帝王切開では、腰に麻酔の注射を打つのが一般的です。腰椎に針を刺し、髄液中に麻酔を注入するのですが、この針の穴から髄液が漏れることで頭痛が起きるようです。

これは注射のミスではなく、脊髄への注射において一般的なことのようです。

 

髄液が漏れると脳の状態や血流などが変化するため頭痛が起きるといわれており、漏れた量が多いほど症状も重い傾向にあります。

帝王切開の時だけでなく、腰椎麻酔をほどこされた人の一部にこういった症状が現れます。

 

■頭痛への対処法

起き上がったり座ったりと、上体を起こしたり頭を動かすことで途端に気持ち悪くなり吐いてしまうこともありますので、横になって安静にしていましょう。

時間の経過と共に数日から数週間くらいでよくなる場合が多いようです。

水分をとることも回復につながりますので、たくさん飲むようにしましょう。

耐えられないようであれば、医師に相談し、授乳中でも服用できる薬を処方してもらうといいでしょう。

母乳をあげていない場合は、カフェインを摂取すると症状がやわらぐこともありますので、コーヒーや紅茶などを飲んでみるとよいでしょう。

 

■こんな場合は病院へ

もし他の症状が現れたり何日たっても程度が酷く回復もみられないようであれば病院でみてもらいましょう。

 

妊娠前に麻酔を受けた経験があり、同様の症状が起きた経験がある人は、お産の際も心づもりをしておいたほうがいいかもしれません。

トイレに起き上がるだけで吐いたり、授乳したくてもできなかったりととても辛いこの頭痛ですが、早く回復してお世話に専念できるよう、無理せず安静と水分補給につとめるようにしてください。

 

(Photo by:足成 )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛に関する記事

なんとかして!我慢できない妊娠中の「頭痛」の原因と緩和の方法

「妊娠前は頭痛はほとんどなかったのに、妊娠してから頭痛が頻繁に・・・」といっ...

産後トラブル!のつら~い片頭痛(偏頭痛)…産後に偏頭痛にならないための予防策

  産後に偏頭痛に悩まされているママさんも多いと聞きます。 偏頭痛とは、主に頭...

頭痛の体験談

嬉しい変化。妊娠中はなかった偏頭痛。

10代から頭痛持ちでした。 極度に疲れたり緊張したりすると、ガンガンと頭が痛くなりひどい時は横にな...

頭痛は妊娠が原因?ホルモンバランスやストレス

最近よくあるのが、頭痛。 もともと偏頭痛は持っている方だったのですが、最近やけに首のコリや肩のコリ...

カラダノートひろば

頭痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る