カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 伝染性単核球症 >
  5. 日本では幼児期に発症しやすい、伝染性単核球症

>>幼児の検索結果に戻る

気になる病気・症状

日本では幼児期に発症しやすい、伝染性単核球症

 

 

伝染性単核球症は、別名「キス病」とも呼ばれています。

これは口や気道から感染することが多く、キスや回しのみなど食器類の使いまわしなどでも感染してしまうからです。

 

キス病と呼ばれていることもそうですが、この病気は思春期にかかりやすいとされています。

キスをしたり、仲間で食事をする際、食器を使いまわしたりすることが多い世代のため、アメリカでは大学などで集団感染することがあります。

 

また、思春期に伝染性単核球症に感染すると、症状が重くなる事が多いので、思春期にかかる病気とされています。

 

幼児期に感染すると自然と治っている場合も

しかし日本においては思春期よりも幼児期にかかることが多い病気なのです。

そのため思春期や20代を越えるころには抗体ができているので感染しにくく、あまり知られていない病気なのかもしれません。

しかも、幼児期に感染すると症状もあまり重くならず、風邪のひどい感じ位で済んでしまうので、伝染性単核球症にかかっていても気づかずに治ってしまったというケースが多いようです。

 

風邪のちょっとひどい感じ?

症状は幼児期にかかると風邪に似た症状になります。

突然38℃以上の高熱が出て、それが1~2週間続き喉の痛みや舌が赤くブツブツになったり、リンパや瞼が腫れたりする症状が見られます。

肝機能障害により食欲が低下するなど、ほとんど風邪と同じ症状なのがわかります。

風邪みたいなのに熱が下がりにくかったり、風邪にしてはちょっと変だな?と思ったら、伝染性単核球症を疑ってみるとよいでしょう。

 

治療法は対処療法が一般的

幼児期にかかる伝染性単核球症は、自然に治る傾向にある疾患ですので、治療法としては対処療法が行われます。

ただ、肝機能障害は高熱の続く2週目あたりにピークになることがあるので、2度病院を訪れ、検査してもらうほうがよいでしょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130719182post-2976.html])

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

伝染性単核球症に関する記事

伝染性単核球症に感染したら脾臓破裂に注意した生活を!

       伝染性単核球症とは、エプスタインバーウイルスというヘルペスウ...

伝染性単核球症の合併症にはどんなものがあるの?

   伝染性単核球症は、EBV(ヘルペスウイルスの一種)の感染によって引き...


キスや回し飲みで感染してしまう!? 伝染性単核球症

    伝染性単核球症という病名をご存知でしょうか? 伝染性単核球症はヘル...

伝染性単核球症は一度感染するとずっと感染中になってしまう?!

    伝染性単核球症は、口や気道から感染する病気です。 そのためキス病な...

カラダノートひろば

伝染性単核球症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る