カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 炭疽 >
  5. 汚染された牛肉や馬肉を食べて炭疸に!?致死率が高い炭疸とは

気になる病気・症状

汚染された牛肉や馬肉を食べて炭疸に!?致死率が高い炭疸とは

 

 

炭疸とは、致死率の高い非常に危険な感染症です。

どの生物からも感染することがあり、人間に感染する場合は牛からの感染が非常に多いとされています。

 

動物の感染経路

動物が炭疸に感染する場合は、自然感染で偶然感染に汚染されているものを食べたりすることが原因で、炭疸菌が個体から個体へと直接伝播されることは殆どありません。

動物で炭疸に感染しやすいのは、草食動物である牛や馬などで、人への感染はこれらの動物からであることが最も多いとされています。

 

日本では近年発症患者がいない病気

人への感染経路が炭疸菌に汚染された牛などを食べたことによって発症することが多いので、食肉加工化される過程で緻密な検査をしていますし、家畜の衛生管理もしっかりされている日本では、近年炭疸に感染したという事実は報告されていません

過去には正規外ルートで食肉加工された牛肉を食べた人が、炭疸に集団感染したことがありますが、これは炭疸に汚染されていた牛を食べてしまったからです。

 

炭疸菌に汚染された牛肉を食べての感染は致死率が高い

炭疸には皮膚炭疸、肺炭疸、超炭疸、髄膜炭疸があります。

これは感染経路によって症状が違ってくるからであり、最も多い感染経路は皮膚炭疸で全体の約9割以上がこれであるとされています

皮膚炭疸の場合、初期症状はニキビや虫刺され程度ですが、それが水泡となり最終的には黒炭みたいなアザができます。

皮膚炭痰では抗菌薬やペニシリンなどの投与で症状は改善され、致死率も約20%未満となります。

 

しかし、炭疸菌に汚染された牛肉を食してしまった場合の感染は、約50%未満くらいまで上がってしまい致死率が高くなります。

 

家畜や食肉加工での衛生管理や検査がしっかりしている日本では、近年見られない感染症ですが、世界的にはまだまだ発生率の高い感染症です。

発生は特に発展途上国など、衛生面や検査において十分でない国で多く発生しています。

年間では人への感染が約2万人、動物への感染が約100万頭を超えると推測されており、海外での感染には十分な注意が必要です。

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130633157post-2882.html])

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

炭疽に関する記事

生物テロにも使用された炭疸菌!腸炭疸に感染する経路について

    炭疸は、感染した動物からも人へと感染する感染症です。 人への感染は自然感...

動物から人へと感染?炭疸菌による感染症、人獣共通感染症の症状

    炭疸(たんそ)という病名を聞いた事があるでしょうか? 炭疸とは、炭疸菌に...


炭疽(たんそ)ってなに?炭疽症とその対策

    炭疽はアフリカやアジア、アメリカなど世界の多くの地域で発生が見られる...

可愛いと思っても要注意!海外旅行に行っても動物に触ってはいけない理由

    炭疽は、炭疽菌を原因とする感染症です。 人畜共通感染症で、感染した...

カラダノートひろば

炭疽の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る