カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 冷え・むくみ >
  5. 産後の冷え症、どうやって解消できるの?冷え性の原因とその対策を紹介!

妊娠・出産

産後の冷え症、どうやって解消できるの?冷え性の原因とその対策を紹介!

産後に「何だか手足が冷えるようになった」と感じる人も少なからずいるようです。

体の冷えは、様々な体調不良を招く原因になります。赤ちゃんのお世話で簡単には休めないママも、とにかく体を温めてしっかり体調を整えるようにしたいですね。

今回は、産後の冷え症の原因とその解消方法をご紹介します。

 

冷え性の症状

冷え性とは、手足や腰、下半身が常に冷たい状態のこと。例えば、顔はほてっていて暑いのに、手足は冷たいなど、特定の部分だけが冷たさを感じる症状も冷え性にあたります。

 

具体的な自覚症状としては、

 

・暑い夏でも常に手足が冷えている

・入浴後も手足がすぐに冷えてしまう

・布団に入っても手足の冷えがひどく眠れない

・暖かい部屋にいても体が温まらない

 

このような冷え性の自覚書状を感じてる女性は、とても多いと言われています。女性であれば、一度は冷えに悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

産後の冷えの原因

産後の冷えの原因は、以下のようなものだと考えられます。

 

・体温を調整する自律神経の機能の低下

・妊娠や分娩で関節が歪んだことによる筋肉の緊張

・筋肉量の減少による熱の生産量の低下

 

どの原因も、結果的には血行不良が原因。血流の流れが悪くなることで、体が冷えていていってしまうのです。

 

冷えによる体への影響

人の体は、平熱が35.5度以下になると、体の様々な機能が低下し始めます。 体温が1度下がると免疫力は約30%も低下するといわれているのです。

 

免疫力が低下すると、風邪がひきやすく治りにくい状態になります。赤ちゃんとの生活に慣れない中、ママが体調を崩すと大変! ただでさ育児は体力勝負。

 

赤ちゃんとママの笑顔のためにも冷えから体を守って、風邪になりにくい体質改善をしましょう。

 

冷えの改善方法

軽い運動をする

冷えを改善するには血流を良くするのが一番です。 乳児のいるママは時間をとるのが難しいかもしれませんが、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をする習慣をつけましょう。

体を動かすと全身の血の巡りがよくなる効果が期待できます。

 

首・手首・足首を温める

出産前に我慢していた分、おしゃれを楽しみたいですよね!ただし、服装選びも冷え対策には重要なポイント。 特に首・手首・足首はしっかりカバーすること大切。

ストールやカーディガンを携帯しておくと、いざという時に冷えから守ることができます。

ボトムスは、足をカバーするものを選ぶようにしましょう。靴下を履けば、さらに暖かさが増してきます。 素足はできるだけ避けるのがベター。ストッキングを履くなど工夫をしてカバーするようにしてくださいね。

また腹巻も気軽に温める対策の一つです。腹巻や肌着を1枚増やすなど、おしゃれに響かない冷え対策をして、お気に入りのお洋服を楽しむようにしましょう。

 

朝一杯の白湯を飲む

モデルさんもテレビなどで紹介していることがある美容法として、朝一杯の白湯(ぬるめのお湯)を飲むのもおすすめ。寝起きでまだ活動を始めたばかりの胃腸をあたためることにより、代謝をアップさせる効果が期待できます。

ただし、コーヒーやお茶などのカフェインが含まれている飲み物は、避けるのがベター。血管を収縮させ、血流を悪くしてしまいます。 朝一杯目には、白湯を飲みコーヒーやお茶は量を少なくするといいでしょう。

白湯は、赤ちゃんのお世話で忙しくても手軽にでき冷え対策。ミルク用のお湯を用意する時に、自分の分も用意しておくなど、生活の中に上手く取り入れられそうですね。

 

体を温める料理を食べる

味噌汁やスープ、蒸し料理などは、体を温める料理の代表格。特に生姜を使った料理は、その効果を倍増させてくれます。 また夏野菜のナスやトマト、キュウリは体を冷やしてしまいます。

野菜を食べる場合は、根野菜を中心に選ぶのがおすすめ。更にキノコや海藻類、豆腐類ををプラスすることによって、栄養バランスも良くなり体質改善につながりますよ。

夏野菜を食べたい時には、生のままは避け塩漬けや炒め物、蒸し料理なするようなしましょう。 その他の料理もできる限り生のものは避け、温かい状態で美味しく食べる料理を選ぶようにしましょう。

 

体を温める食・生活習慣を

身体が冷えることによって、風邪や体調不良の原因になりますし、睡眠不足など日常生活にも影響が出てしまいます。

産後は、赤ちゃんのお世話でいっぱいになると思いますが、そのような時だからこそ体を温める習慣を取り入れてくださいね。

食事や服装など手軽な方法から始めて、ぽかぽかの体を手に入れましょう!

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-23掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冷え・むくみに関する記事

暑くても冷やし過ぎに要注意!妊婦さんの暑さ対策について

毎年、猛暑で悩まされる夏。妊娠中でなくとも、夏の過ごし方に頭を抱える方は多いので...

「むくみ」が現れたら妊娠中毒症(高血圧症候群)を疑うべき?妊娠20週目以降のむくみの理解

妊娠中毒症とは、妊娠20週目以降に「高血圧・尿タンパク・むくみ(浮腫)」のうちの...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

冷え・むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る