カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 冷え・むくみ >
  5. 知っていますか?冷え症によく効くしょうがの食べ方

妊娠・出産

知っていますか?冷え症によく効くしょうがの食べ方

 

 

 

産後冷え性になってしまった場合、体を温めるよう食事に気を付けることが大切です。「しょうが」が体を温めるということは広く知られており、スーパーやコンビニなどでもしょうが入りの商品をよく見かけます。しょうがは漢方薬の7~8割に使用されているそうで、その効能は古くから認められているようです。冷え症を改善するために摂取する場合には、乾燥したしょうがを使うといいようです。

 

 

○体を芯から温めるには

しょうがには辛味のもとである「ジンゲロール」という成分が含まれており、手足の指先など体の末端の血流を良くし、温める効果があります。ところが、末端に熱を送るため体の深部が冷えてしまうことになります。「ジンゲロール」はしょうがを乾燥させることにより「ショウガオール」という成分に変化します。この「ショウガオール」は体の深部で熱を生み出させる効果があります。この二つの効果により体全体を温めることが可能になり、冷え症改善につながっていくと思われます。

 

○乾燥しょうがの作り方

天日干しにする方法があります。完全に水分がなくなりカラカラになるまで乾燥させるほうが効果がありますので、薄切りにして干すとよいでしょう。カビに注意して様子を見ながら干しましょう。電子レンジで加熱するのも手軽ですが、しょうがから発火する恐れもありますので、少しずつ様子を見ながら、目を離さないようにして行いましょう。割高にはなりますが、通販などで販売しているショップもあるようです。できあがったら、スープや紅茶などにいれて飲むと美味しくいただけます。

 

○注意すること

高熱が出ている時や脱水症状が出ている時は摂取しないでください。また、しょうがが苦手だったり食べると気持ち悪くなるような人は、体質の問題もありますので無理に摂取しないほうがいいようです。

 

 

赤ちゃんがまだ小さいうちは、手間のかかる改善方法や薬などに頼ることは難しいですが、食事療法であれば簡単なものから取り入れられそうですね。しょうがに含まれる成分について知ることで、より効果的に冷え症を改善していけるとよいですね。

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2009/01/30-013158.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冷え・むくみに関する記事

「むくみ」が現れたら妊娠中毒症(高血圧症候群)を疑うべき?妊娠20週目以降のむくみの理解

妊娠中毒症とは、妊娠20週目以降に「高血圧・尿タンパク・むくみ(浮腫)」のうち...

産後の冷え症、どうやって解消できるの?冷え性の原因とその対策を紹介!

産後に「何だか手足が冷えるようになった」と感じる人も少なからずいるようです。 ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

冷え・むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る