カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 上の子への対応 >
  5. 赤ちゃんがやってくるとき、上の子にはどう伝えたらいい?上の子が妹・弟に嫉妬しないために

妊娠・出産

赤ちゃんがやってくるとき、上の子にはどう伝えたらいい?上の子が妹・弟に嫉妬しないために

2人目以降の赤ちゃんを授かった時、上の子にはどのように伝えるとよいのでしょうか。

まだ小さくて言葉で説明してもわからない場合はイメージを伝えるようにしたり、言葉がわかる場合には具体的に説明してあげてもいいかもしれません。

 

反応もその子によってさまざまだと思いますので、様子を見ながら新しい家族を迎え入れる準備をしていきたいですね。

 

■伝えるタイミング

周囲の人たちへの報告と同様、妊娠初期のうちはまだ流産の可能性も低くはありませんので、安定期に入ってから伝えるほうがよいでしょう。

子どもが特に気にしていない、もしくは気づいていないようであれば、「どうしても伝えておかなくては!」と必死になって教え込む必要もありません。

 

ママの様子がいつもと違うことに感づき、普段より甘えてくるようになったり癇癪を起こすようになったりすることもありますので、その場合は反応をみつつ教えてあげるとよいでしょう。

 

■イメージで伝える

1~2歳くらいで、まだ言葉をあまり理解していないようであれば、赤ちゃんが登場する絵本を読んであげるのもよいでしょう。

絵本のなかには、「赤ちゃんがお腹の中から外の世界をのぞいている」という視点で描かれたものや、赤ちゃんを迎えた上の子の立場で描かれたものなどがありますので、状況にあわせて読んであげるとよいでしょう。

 

ママ自身も、感動したり温かい気持ちになれるものも多いのでおすすめです。

また、外出中に赤ちゃんを見かけたら「赤ちゃんだね。小さいね。」「かわいいね。」などと教えてあげるのもいいと思います。

 

■言葉で説明する

3歳ごろになると、言葉で説明しても理解できるようになってくると思います。その場合も子供の反応をみながら、赤ちゃんがお腹にいることや家族が増えることを、しっかり目を見ながら伝えてあげるとよいでしょう。

 

嫉妬したり寂しくなってしまう子もいますので、赤ちゃんがきても変わらず1番に大切におもっていることをきちんと伝えましょう。

 

また、赤ちゃんだった頃のアルバムを一緒に見ながら、産まれてきてくれて嬉しかったことなどを話してあげるのもいいですね。

抱っこしたり手をつないだりと、スキンシップをとりながら伝えてあげることも、子供の気持ちの安定につながります。

 

新しい赤ちゃんがやってくることは、これまで両親の愛情を独り占めして暮らしてきた上の子にとっては、人生の一大事となる出来事です。

下の子が産まれてきてもこれまでと同じように愛されていくこと、赤ちゃんはみんなにとって喜ばしい存在であることを上手に伝えていきたいですね。

 

(Photo by:足成 )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

上の子への対応に関する記事

妊娠中、上の子がお腹に乗ろうとする…どうしたらいい?上の子への対処法

「赤ちゃんができた!」 とてもうれしいことですね。家族にとってもハッピーな...

年の近い上の子がいる妊娠中のママへ伝えたい事

日々子育てで忙しいと思いますが、新しい生命の誕生はやはり喜ばしい事です。兄弟...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

上の子への対応の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る