カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 上の子への対応 >
  5. 吐きつわり・食べつわりで気持ち悪い…そんなときの食事はどうする?

妊娠・出産

吐きつわり・食べつわりで気持ち悪い…そんなときの食事はどうする?

食べつわりや吐きつわりなど、つわり中は食事で一苦労する妊婦さんも多いのではないでしょうか。

つわり中にオススメの食べ物、妊婦さんが食べたくなるもの、上の子の食事の支度など、今回はつわり中の食事について見ていきましょう。

 

食べつわりの時は何を食べればいいの?

食べつわりの時は何を食べればいいの?と疑問に思うことも少なくないのではないでしょうか。

吐き気で何も食べられないつわりも辛いですが、食べつわりも苦しいものです。

 

胃に何か入っていないと気分が悪くなったり、特定の食べ物にこだわったり。

「とにかく食べ続ける」人も多く、体重増加や栄養のバランスも気になります。

食べつわりの時に活用したい食べ物を挙げてみます。

 

低カロリー食材

量を食べてしまうのは仕方ないとして、せめてカロリーが低いものを選ぶ対処法です。

寒天やこんにゃくゼリー、豆腐、海藻サラダがお勧めです。

「何でもいいから胃に入れておきたい」という人は試してください。

 

食べるのに時間がかかるもの

ガツガツ口に入れるのを防ぐ食べ物です。

酢昆布、するめ、飴やガムなど、「とりあえず口に何か入っていると落ち着く」なら、よく噛む必要があったり、舐めていられるものが良いでしょう。

 

栄養があるものを

受け付けない食材が無く、何でも食べられるなら、せっかくなので栄養のあるものを食べましょう。

 

果物ならビタミンが摂れます。ただ、果物は糖分が高いので、野菜の方がお勧めです。

調理をする余裕があるなら、温野菜をストックすると便利です。

 

お腹が空いたとき、すぐにつまめるオニギリや、ミネラルと良質な油分が摂れるナッツ類も準備しておくと助かります。

 

食べつわりで心配なのは、塩分・糖分・脂肪の摂り過ぎです。

食べるものに気を付けて、小分けにして食べるようにしましょう。

 

腹持ちのよい食べ物で、つわり時の空腹ムカムカを軽減

空腹感が胃のムカつきにつながるという、つわりの症状はとても多いようです。

小分けして食べるのが、つわりにオススメの食事法です。しかし、仕事中など頻繁に食べられない人もいます。

 

腹持ちが良く、準備が簡単、持ち歩きに便利な食べものをご紹介します。

 

オススメは炭水化物

腹持ちが良く、胃に負担のかかりにくい炭水化物が最適です。

炭水化物の代表といえばお米ですが、つわりの時に食べられないものの筆頭に挙げられるのもお米ですね。

 

ですが、ホカホカのご飯は駄目でも、冷めたおにぎりや寿司飯は食べられるという人もいます。

小ぶりのおにぎりをバッグの中に忍ばせたり、コンビニのおにぎりや、お稲荷さんを買っておいてはどうでしょうか。

 

米以外の炭水化物もオススメ

米が駄目なら、パンやクッキーといった、炭水化物で食べやすい物を試してください。

 

また、つわりの時に無性にフライドポテトを食べたくなる人もいます。

イモ類を食べられるなら、蒸かしたさつまいもやジャガイモをラップに包んでおやつ代わりに携帯してもいいでしょう。

 

持ち歩きできる食べ物

ダイエット食品で、「食べるとお腹の中で膨らむ」という満腹感を得られるクッキーやゼリーが売られています。

小分けになっていて持ち歩きにも良いので、上手に利用してください。

 

バナナやリンゴも、果物の中では腹持ちが良い方です。

バナナならそのまま持ち歩けますし、リンゴをカットして保存容器に入れて持ち歩いてもいいでしょう。

 

腹持ちが良い食べ物なら、空腹感をあまり感じずに済みますし、持ち歩きができる食べ物なら、ちょっとした隙にササッと口の中に放り込んでしまえます。

ささやかな工夫で、空腹感を抑えましょう。

 

つわりの時に食べたくなるものは?

水も飲めないような吐き気が続くかと思えば、なぜか1つの食べ物ばかり欲してしまうのが、つわりの謎です。

よく、「季節外れの果物が食べたくて仕方がなくなり、あちこち探しまわった」という話も聞きます。

つわりの時に食べたくなってしまうものは、どんな食べ物が多いのでしょうか。

 

果物

水分が摂れて、ビタミンと食物繊維も豊富な果物は、つわりの味方ともいえます。

中でもメロンやスイカなど水分が多くてさっぱりした甘味の果物が好まれます。

キウイやイチゴ、グレープフルーツなど酸味がある果物ばかり欲しくなる人も多いようです。

季節外れのものだと、手に入りにくい上に値段も高いので大変ですね。

 

ジャンクフード

意外に多いのが、ジャンクフードにハマってしまう人です。

普段は食べないのに、フライドポテトやフライドチキン、ナゲット、ハンバーガーが食事のメインになってしまいます。

 

ジャンクフードばかり食べて、赤ちゃんに良くないのではないか…と心配する人もいますが、一時のことですし、つわりが治まってから栄養バランスを整えれば大丈夫です。

 

妊娠中は無性に色々なものを食べたくなる?

その他にも、ひたすら冷やし中華ばかり食べていた人。胡瓜だけを食べていた人。真冬に冷凍の枝豆を探して走り回った人など、あとから考えれば笑ってしまうような話も多々あります。

ですので、その時に食べられるものを食べて大丈夫でしょう。

 

外国ではつわりの時、何を食べている?

つわりは、程度の差こそあれ、妊娠した女性の5~8割以上に見られるそうです。

もちろん、日本人女性に限ったことではなく、どの国の女性もつわりには苦しんでいます。

 

外国では、つわりの時に勧められている食べ物はあるのでしょうか?

参考になるものがあるかもしれません。

 

ソーダクラッカー&ジンジャーエール

アメリカでは定番の「つわりメニュー」だそうです。ソーダクラッカーは、塩味のサクサクした食感のもの。

あっさりして、食欲がない時でも食べやすいそうです。空腹時に吐き気が強くなりやすいので、ベッドサイドに置いておくのが定番です。

 

ジンジャーエールは、吐き気止めになるという生姜と、シュワシュワした炭酸の効果で胃のムカつきが抑えられます。

同じく生姜を使った、ジンジャークッキーもベッドサイドに常備する食べものになっています。

 

日本と同じ!冷たいもの・酸っぱいもの

フランスでは、つわりの時には甘酸っぱい苺が定番だとか。水分も補給できるみずみずしい果物は、日本でもつわりの時の味方ですね。

また、胡瓜のピクルスも良く食べられているようです。シャーベットや果物を使ったスムージーも人気だそうです。

 

外国では、吐き気が酷い人には、強めの吐き気止めを処方する場合も多々あるそうです。

基本的にはどこも「つわりの間は、食べられそうなものを何でも食べればOK!」といわれているようで、そこは日本と共通していますね。

外国の妊婦さんにならって、食べられそうな物を試してみましょう。

 

「吐きつわり…でも上の子の食事の準備をしないと」

吐きづわりの場合、いつもどおりのご飯が食べられなくなったり、料理の匂いをかぐだけでも気持ち悪くなることがあります。

 

1人目であれば、自分は食べられるものを食べたい時に好きな量だけとっていればよく、パパにはお惣菜や外食で間に合わせてもらうことも可能でしょう。

しかし、2人目以降の子を妊娠中の場合、上の子の食事は適当に済ませるわけにはいかないと、頭を悩ませる人もいるのではないでしょうか。

 

1日の中でつわりの症状が比較的軽いタイミングをうまく活用したり、他者に協力してもらいながら、うまくやりくりしていきましょう。

 

調子の良い時に作りだめしておく

よく症状を観察すると、1日のなかでも比較的調子が良い時間帯やタイミングがあると思います。

なるべく手作りのものを食べさせたいというママは、そのような時に簡単なものをたくさん作ってストックしておきましょう。

 

ハンバーグや小さく丸めたごはんのみのおにぎりなどは冷凍しておけますし、好きな子も多いと思いますのでおすすめです。

 

また、調理を短時間で済ませるには、食材を手早くみじん切りやペースト状にしてくれる「ブレンダー」が便利です。

ハンバーグの具材を刻んだり、離乳食を作るのに活躍してくれるでしょう。

 

宅配食材サービスを利用する

宅配食材サービスの中には、食材のみのものから半調理品、さらにはほとんど温めるだけで完成のものなどがコースになっており、週ごとに選んで注文できるものがあります。

 

体調をみながら選んでみるのもいいでしょう。

また、半調理品などは簡単に作れますので、パパにお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

市販品やお惣菜を活用する

1日中気分がすぐれない、体力を消耗しており作る気力が無いという場合は、無理せず市販品などに頼るとよいでしょう。

 

コーンフレークは牛乳をかけて食べることで栄養も多くとれますので朝食や昼食などにいいでしょう。

調子が悪い今だけと割り切って、冷凍食品やスーパーなどのお惣菜を活用するのもよいでしょう。

 

お弁当やさんにある量り売りのお惣菜なども、栄養バランスがよいものが多いためおすすめです。

 

周囲の協力で乗り切る

もしおじいちゃん、おばあちゃんや身内に協力を頼める人がいればお願いしてみましょう。

 

近くに住んでいないなど頼れる人がいない場合は、地域にもよりますが、一時預かりで昼食やおやつなどを用意してくれるところもありますので、調べてみるのもいいでしょう。

 

月に数回だけでも栄養バランスのよい食事を用意してもらえるということだけで、気持ちが軽くなるかもしれません。

 

いつか終わりがくるとは分かっていても、吐きづわりのなかご飯の支度をするのはとても大変なことです。

自分一人で完璧にこなそうとせず、肩の力を抜いて頼れるものには頼って、辛い時期を乗り越えていきたいですね。

 

(Photo by:足成 )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

上の子への対応に関する記事

【妊娠体験談】切迫流産になってしまいました

  初めての妊娠は切迫流産で残念な結果になりました。初期流産の原因の大半は...

妊娠中、上の子がお腹に乗ってしまった!どんな症状が出たら病院に行くべき?

二人目以降を妊娠すると、どうしても心配になるのが上の子への対応です。 赤ちゃん...

上の子への対応の体験談

☆2人目☆ いよいよ退院します!

2人目の入院中、上の子は会うと余計に寂しいのと、気持ちが整理出来ずにいたせいか、面会に来たがらなかっ...

赤ちゃんが生まれたとき、上の子はさみしくて泣いちゃいました!

ママのお腹にあかちゃんがいるってわかった時、上の子は大喜び♪ 人一倍、赤ちゃんが大好きで、よその赤...

カラダノートひろば

上の子への対応の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る