カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 上の子への対応 >
  5. 吐きつわり・食べつわりで気持ち悪い…そんなときの食事はどうする?

妊娠・出産

吐きつわり・食べつわりで気持ち悪い…そんなときの食事はどうする?

妊娠初期の代表的な症状である食べつわりや吐きつわり。つわり中の食事で一苦労する妊婦さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は、つわり中にオススメの食べ物や上の子の食事の支度のポイントなどをご紹介!つわりで苦しんでいる妊婦さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

食べつわりの時は何を食べればいいの?

食べつわりとは、常に何かを食べていないと気持ち悪い状態。何を食べればいいのか悩んでしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。吐き気で何も食べられないつわりも辛いですが、ずっと食べていないと気持ち悪い食べつわりも、なかなか苦しいものです。

 

「とにかく食べ続ける」人も多く、体重増加や栄養のバランスも気になるところです。そこで、食べつわりの時に活用したい食べ物をご紹介します!

 

1.低カロリー食材(寒天・こんにゃくゼリー・豆腐・海藻サラダ)

量を食べてしまうのは仕方ないので、せめてカロリーが低いものを選ぶのがおすすめ。豆腐や海藻サラダは、ドレッシングを複数用意しておくと、飽きることなく楽しめますよ。「何でもいいから胃に入れておきたい」という人は試してみてください!

 

2.食べるのに時間がかかるもの(酢昆布・するめ・飴・ガム)

たくさんの量を食べてしまうと、体重に影響が出てしまいます。だからこそ、食べるのに時間がかかる食材がおすすめです!「とりあえず口に何か入っていると落ち着く」なら、よく噛む必要があったり、舐めていられるものが良いでしょう。

 

3.栄養がある食べ物(果物・温野菜・ナッツ類)

何でも食べられる方なら、せっかくなので栄養のあるものを食べましょう!果物ならビタミンが摂れます。ただ、果物は糖分が高いので、野菜の方がオススメです。調理をする余裕があるなら、温野菜をストックすると便利です。

 

ミネラルと良質な油分が摂れるナッツ類も準備しておくと良いですよ。食べつわりで心配なのは、塩分・糖分・脂肪の摂り過ぎです。食べるものに気を付けて、小分けにして食べるようにしましょう!

 

4.腹持ちが良い食べ物(炭水化物)

炭水化物の代表といえばお米ですが、つわりの時に食べられない方も多いはず。ほかほかのご飯は駄目でも、冷めたおにぎりや寿司飯は食べられるという人もいます。小ぶりのおにぎりをバッグの中に忍ばせたり、コンビニのおにぎりや、お稲荷さんもおすすめです。

 

お米が駄目なら、パンやクッキーでもOK!イモ類が食べられるなら、蒸かしたさつまいもやじゃがいもをラップに包んでおやつ代わりに携帯してもいいでしょう。

 

食べつわりの時に食べたくなるものは?

水も飲めないような吐き気が続くかと思えば、なぜか1つの食べ物ばかり欲してしまうのが、つわりの謎。よく、「季節外れの果物が食べたくて仕方がなくなり、あちこち探しまわった」という話も聞きます。

つわりの時に食べたくなってしまうものは、どんな食べ物が多いのでしょうか。

 

1.果物

水分が摂れて、ビタミンと食物繊維も豊富な果物は、つわりの味方ともいえます。中でもメロンやスイカなど水分が多くてさっぱりした甘味の果物が好まれます。キウイやイチゴ、グレープフルーツなど酸味がある果物ばかり欲しくなる人も多いようです。

 

2.ジャンクフード

意外に多いのが、ジャンクフードにハマってしまう人です。普段は食べないのに、フライドポテトやフライドチキン、ナゲット、ハンバーガーが人気です。

ジャンクフードばかり食べて、赤ちゃんに良くないのではないか…と心配する人もいますが、一時のことですし、つわりが治まってから栄養バランスを整えれば大丈夫です。

 

3.特定の食べ物(人による)

その他、ひたすら冷やし中華ばかり食べていた人、きゅうりだけを食べていた人、真冬に冷凍の枝豆を探して走り回った人など、あとから考えれば笑ってしまうような話も多くあります。

 

外国ではつわりの時、何を食べている?

つわりは、日本人女性に限ったことではなく、どの国の女性でも苦しんでいます。外国では、つわりの時に勧められている食べ物はあるのでしょうか?参考になるものがあるかもしれませんよ!

 

1.ソーダクラッカー&ジンジャーエール(アメリカ)

アメリカでは定番の「つわりメニュー」だそうです。ソーダクラッカーは、塩味のサクサクした食感のもの。あっさりして、食欲がない時でも食べやすいそうです。空腹時に吐き気が強くなりやすいので、ベッドサイドに置いておくのが定番です。

 

ジンジャーエールは、吐き気止めになるという生姜と、シュワシュワした炭酸の効果で胃のムカつきが抑えられます。同じく生姜を使った、ジンジャークッキーもベッドサイドに常備する食べものになっています。

 

2.冷たいもの・酸っぱいもの(フランス)

フランスでは、つわりの時には甘酸っぱい苺が定番だとか。水分も補給できるみずみずしい果物は、日本でもつわりの時の味方ですね。また、きゅうりのピクルスもよく食べられているようです。シャーベットや果物を使ったスムージーも人気ですよ!

 

外国では、つわりのひどい方には強めの吐き気止めを処方する場合もあるそうです。何事も無理をしないことが大事ですね。

 

「吐きつわり」上の子の食事の準備はどうする?

吐きつわりの場合、いつもどおりのご飯が食べられなくなったり、料理の匂いをかぐだけでも気持ち悪くなることがあります。

 

2人目以降の子どもを妊娠中の場合、上の子の食事は適当に済ませるわけにはいかないと、頭を悩ませる妊婦さんも多いのではないでしょうか。つわりの症状が比較的軽いタイミングをうまく活用したり、身近な方に協力してもらいながら、うまくやりくりしていきましょうね。

 

ここでは、準備のポイントをご紹介します。

 

1.調子の良い時に作り置きしておく

つわりは、1日のなかでも比較的調子が良い時間帯やタイミングがあることが多いです。手作りのものを食べさせたいというママは、調子の良い時間帯に簡単なものをたくさん作ってストックしておきましょう。

 

ハンバーグや小さく丸めたおにぎりは子どもも大好物!冷凍もできるためおすすめです。短時間で調理をすませるには、食材を手早くみじん切りやペースト状にしてくれる「ブレンダー」が便利です。

 

2.宅配食材サービスを利用する

宅配食材サービスの中には、食材のみのものから半調理品、さらにはほとんど温めるだけで完成のものなどがコースになっており、週ごとに選んで注文できるものがあります。

 

半調理品などは簡単に作れますので、パパにお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

3.市販品やお惣菜を活用する

1日中気分がすぐれない、体力を消耗して作る気力がないという場合は、無理せず市販品などに頼るとよいでしょう。

 コーンフレークは牛乳をかけて食べることで栄養も多くとれるため、朝食や昼食に最適です。「調子が悪いのは今だけ!」と割り切って、冷凍食品やスーパーなどのお惣菜を活用してください。

 

お弁当やさんにある量り売りのお惣菜なども、栄養バランスがよいものが多いためおすすめです。無理をしないのが一番ですよ!

 

4.周囲の協力で乗り切る

近くにおばあちゃんやおじいちゃんがいる方は、頼ってみてください。頼れる人がいない場合は、一時預かりを利用するのも一つの手です。昼食やおやつなどを用意してくれるところもありますので、ぜひ調べてみてください。

  

妊娠初期は無理をしないことが大事!

 

つわりは、いつか終わりがくるとは分かっていても、とても辛いものです。そんな状態でご飯の支度をするのはとても大変なこと。自分一人で完璧にこなそうとせず、肩の力を抜いて、周りに頼ることを忘れずに辛い時期を乗り越えてくださいね!

 

(photo by https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

上の子への対応に関する記事

つわりの時、上の子への対応はどうしたらよいの?

    つわりの時、上の子への対応はどうしたらよいの?      ...

赤ちゃんがやってくるとき、上の子にはどう伝える?年齢別にご紹介!

2人目以降の赤ちゃんを授かった時、上のお子さんにはどのように伝えるとよいのでしょ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

上の子への対応の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る