カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 症状 >
  5. 思考面 >
  6. 治療薬が焦りを生んでしまう?うつ病に使う抗うつ剤の副作用

メンタル

治療薬が焦りを生んでしまう?うつ病に使う抗うつ剤の副作用

 

うつ病の治療は主に薬物治療によって行われます。抗うつ薬などが主に使われますが、薬が合わなかったり副作用があったりすることがあります。

 

 

抗うつ剤が効いても

抗うつ剤は症状を軽くするのに非常に有効です。しかし、治療が長引けば長引くほどに、体が薬に慣れてきて効きにくくなっていき、強い薬でないと効果を感じられなくなっていきます。強い薬を服用することもそうですし、治療が長引いてその間に薬をずっと服用していくこともそうですが、重い副作用を引き起こすきっかけになります。確かに薬によって症状がよくなることは確かなので、薬物治療は必要なものなのですが、こうした副作用をはじめとする薬の悩みがまたマイナス思考のたねになるのです。

 

効果が長続きしない

抗うつ薬によって症状は確かによくなります。しかし、効果が思っている以上に長続きしなかったり、体調によっては期待通りの効果が出ないこともあります。そうすると期待していた分だけ落胆したり、苛立ちのもとになったりして、薬物治療自体を嫌ってしまうことにもなりかねません。

 

不安

実際薬物治療をしているとある程度症状を抑えられます。しかし、薬が効いているという実感は少なく、「本当に完治できるのか」という不安が生まれてきます。また、治療が長期になるにつれ、薬が強いものになったり増えたりしますので、やっと普通の生活をできるようになった状態であれば、その生活を維持していけるのかと不安にもなります。

 

薬に逃げてしまう後悔

焦りはうつ病治療において障害となるものです。しかし、分かっていてもなかなか自分の意志で治せないもどかしさに押しつぶされそうになり、薬に逃げてしまうのです。そして逃げるように薬を服用してしまったことにまた気分が落ち込みます

 

 

うつ病治療における薬物治療は必要なものですが、それが精神活動を悪化させるものになってはいけません。そのため、薬物治療においても医師との密なやり取りが必要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/01-361546.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

思考面に関する記事

日本の自殺者数の約40%がうつ病?うつ病と自殺の関係について

日本人の自殺者数は年間3万人を超えています。(2011年:内閣府調べ)自殺とう...

ポジティブな自己否定とネガティブな自己否定?

  うつ病患者の思考は自己否定の方面に進んでしまう傾向にあります。    ...


際限なく自分を否定してしまう

  うつ病は心の状態が不安定で、あらゆることに否定的なことを基本としてその程度...

回復を邪魔する思考

  うつ病から回復するまでに十年かかったと言う人もいるほど、身体的な疾患とは違...

カラダノートひろば

思考面の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る