カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. どこで産む?産院選び~産婦人科専門病院の場合

妊娠・出産

どこで産む?産院選び~産婦人科専門病院の場合

総合病院より小規模の産婦人科専門の病院やクリニックで分娩施設がある産院があります。「個人病院」と呼ばれることもあり、総合病院に比べ特色のあるサービスや様々な出産方法を取り扱うところがあるようです。

 

こういった病院には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

メリット

個室を備えていることが多く、豪華な部屋や和室の部屋などを選べるところもあります。

 

入院中には家族も一緒に宿泊できる施設もあります。アメニティが充実していたり、食事が美味しい産院も多いようです。初診から出産まで同じ医師が担当する場合も多く、アットホームな雰囲気で質問もしやすいという声もあります。

 

また、ソフロロジー式分娩(瞑想や自己暗示などにより痛みや恐怖をお産への喜びに変える方法)など、特色のある出産方法を取り扱っているところもあります。

 

デメリット

高度な治療ができる施設がない場合もありますので、緊急時にはどういった対処が行われるのか確認が必要です。もしお産までにトラブルがあった場合は、途中で総合病院や大学病院に転院しなければならないケースもあります。

 

また、総合病院に比べ費用がかかる傾向にあります。

 

当てはまる場合は産婦人科専門病院がおすすめ

・リスクのある妊婦ではなく、経過に問題がない。

・出産スタイルにこだわりがある。

・上の子がまだ小さく、入院中は気兼ねなく家族と過ごす時間がほしい。

・入院生活を快適に過ごしたい。

 

1人目はいろいろと不安で総合病院で産んだけど、2人目は入院生活が快適そうな個人病院で産んでみたいという声もあるようです。小児科を併設しているところも多いので、産後も子供が病院にかかる際、近くて通いやすいという利点もあります。

 

また、産院が減ってきている昨今ですので、高度な施設を備えた病院はリスクのある妊婦さんを優先して、問題のない人は個人病院を利用するという考えで産婦人科専門病院を選ぶ、という人も中にはいるようです。

 

それぞれの希望に合ったお産ができるよう、まずは通える範囲の病院から調べてみましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

2人目出産の産院選びのポイント

  1人目の出産の場合はある程度選択の幅がありましたが、2人目となると上の子の...

ハイリスク・責任問題…未受診妊婦が病院に受け入れてもらえない理由とは?

先進国の日本でも貧富の格差がひとつの社会問題になっています。 その一つの側面...

選び方・ポイントの体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科の選び方(入院編)

私の産院では、綺麗で料理も美味しく人気でしたが金額も高額でした。母子同室私の産院では、入院中に同室に...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る