カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 制度 >
  5. 介護疲れも原因?高齢者に対する虐待を防止「高齢者虐待防止法」

介護・認知症

介護疲れも原因?高齢者に対する虐待を防止「高齢者虐待防止法」

 

高齢者に対する虐待を防止し、高齢者を保護するため、2006年に高齢者虐待防止法が施行されました。どのような場合に、この法律が適用されるのでしょうか。

 

 

高齢者虐待とは?

高齢者虐待防止法では、養護者による以下の行為を虐待と定義しています。養護者とは、高齢者を日常的に介護している親族や、介護施設の職員などを指します。

 

【心理的虐待】

身体に外傷が生じる、または生じる恐れがある暴行を加える。

 

【ネグレクト】

食事を与えない、長期間放置する、医療行為を受けさせないなど高齢者を衰弱させるような行為。介護の放棄。

 

【心理的虐待】

暴言や無視など、高齢者の心を著しく傷つける言動や行動。

 

【性的虐待】

高齢者にわいせつな行為を強要する。

 

【経済的虐待】

高齢者から不当に財産を取り上げる、処分する、自分のものにしてしまう行為。

 

 

通報

上記のような虐待に気づいた人は、市区町村など自治体に急いで知らせる努力義務があります。最寄りの地域包括支援センターに知らせましょう。

高齢者の生命や身体に重大な危険が及んでいる場合には、通報する義務があります。

 

 

保護

通報を受けた市区町村は、虐待の事実を確認します。実際に虐待があれば、速やかに高齢者を保護し、施設への入所などの措置をとります。

国や地方公共団体は高齢者の虐待を未然に防止するため、成年後見制度の利用を促進する義務があります。

 

 

高齢者虐待は、身内間で起きている場合が多く、介護疲れも背後にあります。

介護者を周囲がサポートすることが、高齢者虐待の予防に大きな効果を発揮します。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/05/31-004558.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

制度に関する記事

気付かないうちに虐待をしていたケースも!高齢者虐待防止法とは

  高齢者を介護している人は、身体的・精神的・経済的負担を1人で抱えがちで...

介護休業制度を上手に利用しよう!負担が少ない介護をするために

育児休暇と同じように、「介護休業制度」というものがあります。これは『労働者がその...


地域型認知症予防のために NPO認知症予防サポートセンターの活動はどんなものがある?

こちらでは「地域型認知症予防」の普及・啓発のために人材派遣・人材養成・技術支援・...

認知症介護に関わる補助金

認知症介護には金銭的な負担も大きいですよね。そのための補助金制度があります。認知...

カラダノートひろば

制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る