カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 訪問介護 >
  5. 制度 >
  6. 家事援助や身体援助、通院サポートなど…民間の訪問介護事業者

介護・認知症

家事援助や身体援助、通院サポートなど…民間の訪問介護事業者

 

介護保険を利用した訪問介護では、受けられるサービスが詳細に決められています。範囲外のサービスは、介護保険外となり、受けることができません。

そのような介護保険外のサービスが必要な場合、民間の訪問介護事業者に実費で依頼する方法があります。

 

 

家事援助

換気扇掃除・衣類や季節物の入れ替え・窓磨きなど、通常の訪問介護で依頼できる範囲を超えた家事を依頼できます。

同居している家族の分も料理を作るなど、高齢者本人に限らないサービスも可能です。

料金の目安は1時間2,000円前後。30分を超えるごとに1,000円の追加が一般的です。

スタッフ1人あたりの金額なので、大掃除など複数のスタッフが必要なサービスでは、人数分の料金がかかります。

 

 

身体援助

日常に必要な最低限の買い物以外のショッピング、美容院への付き添いなどを依頼できます。

ケアプランには含められなかった入浴・清拭も可能です。料金は1時間2,200円前後からです。

 

 

通院サポート

介護保険による訪問介護では、院内の介助は原則として含まれません。1時間1,500円ほどで、依頼できます。

 

 

利用法

介護保険の利用限度額を超え、ケアプランに含められなかったサービスをどうしても受けたい場合に便利です。

ふだんはサービスが必要無くても、高齢者や介護する家族の不調など緊急の時に利用する方法もあります。

 

 

介護保険制度外のサービスは行っていない事業者もあるので、注意が必要です。深夜・早朝は、基本料金の20%増しが一般的です。

1割の自己負担で受けられる介護保険の訪問介護に比べ、割高になってしまうので、基本は介護保険を活用しつつ、困った時のサポートとして知っておくと良いでしょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/06/28-364196.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

制度に関する記事

要支援の人が受けられる「介護予防訪問介護」とは?-その内容と注意点-

  かつては要支援・要介護に関わらず「訪問介護」というひとくくりのサービス...

訪問介護を利用しよう!申し込みから利用までの流れ

在宅で過ごす高齢者やその家族が訪問介護の利用を希望した場合、必要になる手続きや...


24時間型対応の定期巡回・随時対応サービス!訪問介護とは?

  2012年、よりニーズに合った介護サービスを提供するため、介護保険が改...

高齢社会に突入したいま、不可欠!訪問看護を活用して在宅生活を快適に

  年をとり、たとえ病を得ても、自宅で過ごしたいと願う高齢者にとって、訪問...

カラダノートひろば

制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る