カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 原因 >
  5. 妊娠・出産が原因の股関節痛!妊娠・出産で股関節が痛む理由とは

関節痛・腰痛

妊娠・出産が原因の股関節痛!妊娠・出産で股関節が痛む理由とは

 

女性の股関節痛の大きな原因の1つが、妊娠・出産です。

妊娠初期から産後にいたるまで強い痛みに悩まされる人もいます。妊娠・出産が股関節に与える影響を説明します。

 

 

妊娠・出産で生じる股関節痛の症状

歩行時、立ち座りの際に痛みを感じやすいのが特徴です。ひどい場合は、寝返りをうてないほど激しく痛みます。

股関節に限らず、周辺の恥骨や腰全体が痛むことがあります。

 

 

妊娠・出産で股関節が痛む理由

◆ホルモン

妊娠と同時にホルモンの分泌は大きく変動します。

出産に向けて骨盤周辺の筋肉を緩めるリラキシンというホルモンが分泌され、股関節痛や恥骨痛を生じます。

骨盤周りに筋肉がしっかりついている人は、痛みが生じにくい傾向があります。しかし、生活の変化によって下半身の筋肉が弱い人が増えているため、股関節痛を訴える人も増えています。

 

◆骨盤の歪み

ホルモンの変動によって緩んだ骨盤は、歪みやすい状態です。歪んだ骨盤は股関節に負担がかかり、股関節痛につながります。

さらに出産により、骨盤が開きます。開いた骨盤が戻るまでに1ヶ月以上はかかりますが、この間に無理な力がかかると、歪んだ状態で固定されやすくなります。そのため、産後しばらくたっているのに股関節痛が治まらないことがあります。

産後1ヶ月を安静に過ごせなかった人、赤ちゃんの抱っこや授乳時に無理な体勢をとっていた人は、股関節が歪んだまま固まりやすいといわれます。

 

 

妊娠中から骨盤が歪みやすいことを心に留め、姿勢を正すなど工夫をしてください。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/02/23-014442.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

スポーツで起こる「恥骨炎」ってなんだ?強い衝撃でも弱い衝撃でも原因になります!

  サッカー日本代表の長谷部選手が、長期離脱とされている原因が「恥骨炎」だそう...

細菌によって発生する股関節炎

  関節痛を伴う関節炎は摩耗や損傷だけでなく、細菌に感染し化膿することによ...


生まれ持つ骨の形が股関節症の原因に

  ■赤ん坊としてこの世に生まれたその時の骨の形が、将来の変形性股関節症に...

治療には我慢が必要?スポーツ選手に起こる「恥骨炎」の治療は長い目で考えるのが大事!

スポーツは健康に良いですが、やはり体をいじめる側面があるのか、痛みなどを生じ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る