カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 五十肩じゃない!?五十股を知っていますか?~股関節症の初期症状や特徴など

関節痛・腰痛

五十肩じゃない!?五十股を知っていますか?~股関節症の初期症状や特徴など

40代前後に肩の不調に見舞われる、「四十肩」「五十肩」はよく聞きますが、最近は「五十股」というのもあるそうです。五十股の症状を説明します。

 

変形性股関節症の初期

40代前後に多い股関節の痛みや違和感を、まとめて「五十股」と呼んでいますが、五十股という病名はありません。主に変形性股関節症の初期症状を指すことが多いようです。

50代に発症するとは限らず、女性では30~40代、男性では40~50代に目立ちます。

 

症状

・歩くと異音がする

・左右の足の長さが違う

・正座、足の爪切り、靴や靴下の脱ぎ履きが困難

・動き始めに股関節の違和感がある

・あぐらをかくと、左右の足の開き具合が異なり、痛みを伴う

 

発症しやすい人

・運動不足、特に歩く機会が少なく、下半身の筋力が弱い

・若いころ、激しい動きを伴うスポーツをしていた

・長時間の立ち仕事をしている

・太り気味

・妊娠、出産を経験した

 

有効な対処法

姿勢を正す、特に歩行時の姿勢に気を付けることが、悪化を防ぎます。「反り腰」といって、お腹を前に突出し、お尻が出っ張る姿勢がクセになっている人は、特に直しましょう。

 

腰が前傾し、股関節に負担がかかります。痛みをかばって正しい姿勢をとれない場合は、湿布や鎮痛剤の処方を受け、痛みを押さえて姿勢を正しましょう。

無理のない範囲でストレッチや軽い運動を行うのもお勧めです。

 

五十股の段階で適切な対処をすれば、変形股関節症の進行を防げます。五十股の症状から、他の病気に気づくケースもあります。股関節の痛みに気づいたら、早めに受診してください。

 

原因不明の単純性股関節炎とは

関節の摩耗や損傷ではなく、細菌感染によって引き起される化膿性股関節炎という特殊な関節炎がありますが、実はこの股関節炎に似た単純性股関節炎という疾患も存在します。

 

この単純性股関節炎は、症状はほとんど化膿性股関節炎と共通しており、原因が関節の摩耗や損傷でないという点でも似通っています。

 

しかしこの単純性股関節炎は原因不明の関節炎なのです。

 

●子供に多い関節炎

単純性股関節炎は、化膿性股関節炎同様に幼い子供に多い関節痛の原因となる疾患です。股関節の痛みだけで無くひざの痛みなども併発し、脚の形状が股関節の広がったがに股の状態になってしまいます。

 

●原因不明の単純性股関節炎

関節痛の症状や発症する年齢など化膿性股関節炎に近いのですが、その原因はあくまで不明となっている関節疾患です。

 

風邪を引いた後に発症することが多く、何らかの免疫反応の影響で発生する股関節炎ではないかと考えられています。

 

●股関節に水が溜まる

この単純性股関節炎は、股関節に水が溜まるということがあります。ただし、股関節が痛み水が溜まる症状も時間と共に自然に回復し、痛みも引き、溜まった水も自然に減少し自然治癒します。

 

●化膿性股関節炎と間違うリスク

症状は似ているというのに、自然に治る単純性股関節炎と、自然には治らない化膿性股関節炎は間違えると非常に厄介な事態となります。

 

化膿性股関節炎とは、本来袋状で守られているはずの関節に細菌が侵入してしまう疾患で、その多くは敗血症などの深刻な疾患が隠されていることがあります。

 

単純性股関節炎は子供の成長と共に自然に治る関節炎ではありますが、その症状が化膿性股関節炎と似通っていることが問題で、単純性関節炎だと誤診することで、化膿性股関節炎と同時に敗血症の症状を見逃すことにも繋がりかねません。

 

診察の際には両者の違いに注意しなければならないのです。

 

これって股関節痛?~早目に対処しよう!初期症状の特徴

股関節痛は放置していると痛みがひどくなり、変形股関節症など骨の変形にまで至ります。

痛みの陰に病気が潜んでいる可能性もあるので、初期の違和感、痛みに気づいて早目に対処してください。

 

股関節痛初期の特徴

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、動作の初めに痛みを感じやすいのが特徴です。

これを、「始動痛」といいます。

動き始めてしまうと痛みが薄らぐため、「気のせいかな?」とやり過ごしがちですが、次第に痛みを感じるタイミングが増え、持続するようになります。

痛みが股関節に限定されないのも、股関節痛初期にはよくあります。

膝や太ももに鈍痛を感じ、腰痛もあるので、坐骨神経痛と間違うことも少なくありません。症状の進行とともに、股関節に痛みが集中してきます。

 

股関節痛が疑われる症状

頭痛・肩こり・下肢のむくみと冷えなど、股関節以外の不調を併発するケースがあります。

痛みの感じ方でいえば、左右どちらかの足に体重をかけた時、歩き始めや立ち上がり、階段の上り下りが強く痛みます。

股関節を動かすとポキポキ音が鳴ったり、ゴリゴリと骨がずれるような鈍い音がする異音も、股関節痛の初期症状です。

知らず知らずのうちに片足を引きずって歩く、立位が傾いているのも、股関節痛が原因かもしれません。

 

これらの初期症状に加え、加齢、妊娠・出産、急激な体重の増加といった股関節痛の要因に思い当たる節があれば、整形外科の受診をお勧めします。

放置すると痛みで股関節をかばい、余計に股関節の可動域が狭く、固まってしまいます。

 

中高年だけじゃない!子どもの股関節痛~単純性股関節炎

股関節痛は、中高年だけに起こる症状ではありません。

 

子どもに多い股関節痛、単純性股関節炎について説明します。

 

症状

全く外傷がなく、急に足の痛みを訴えます。股関節痛だけではなく、しばしば膝の痛みを伴います。

 

痛みから歩くのを嫌がり、股関節がやや開き気味でがに股の形になります。発熱はなく、まれに微熱が出る程度です。この時、股関節内には関節液(水)が溜まっています。

 

発症しやすい人

好発年齢は2~14歳で、特に3~6歳の発症が目立ちます。男女比では、男児にやや多いようです。風邪をひいてから数日後に痛みを生じるのが、典型的な単純性股関節炎の症状です。

 

原因

詳しくは分かっていません。ただ、風邪をひいた後に発症しやすいので、免疫反応の一種ではないかといわれています。

 

検査

レントゲンで骨に異常がなく、超音波検査(エコー)やMRIで関節液の貯留が認められれば、単純性股関節炎の可能性が大きいでしょう。ただ、似た関節疾患に化膿性関節炎があり、重症化しやすいので注意が必要です。

 

化膿性関節炎が疑われる症状があれば、関節液を注射で採取して調べる必要があります。

 

治療

ほとんどの場合、痛みが出てから10日~2週間で自然治癒します。股関節の可動域が狭くなり、痛みが強いため、安静が治療の基本です。

 

症状が重いケースでは、消炎鎮痛剤の投与や入院による加療も施されます。関節にたまった関節液も、自然に減少します。後遺症が残ることは、まずありません。

 

自然治癒するので過度の心配は無用ですが、他の関節疾患と区別をするため、早目に検査を受けてください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

股関節に関する記事

股関節痛の人が気を付けたい『座り方』 効果のあるウォーキングやストレッチの仕方とは

股関節と特に関係が深いのは、座るという姿勢です。   日常の中でもテレビ...

もしかして病気が原因!? 股関節痛の痛みを感じたら 対処法や手術にいたるまで

股関節痛の陰には、病気が隠れているケースもあります。痛みを取り除くためには、...


変形性股関節症の人におすすめの靴とは?日常生活で予防のために気をつけること

  変形性股関節症の方は普段の生活の中でも出来るだけ股関節、そこから伸びている...

カラダノートひろば

股関節の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る