カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 足首 >
  4. リハビリ(足首) >
  5. 捻挫・足底筋膜炎・アキレス腱炎!症状別・足首のリハビリ法

関節痛・腰痛

捻挫・足底筋膜炎・アキレス腱炎!症状別・足首のリハビリ法

 

足首のリハビリは、症状ごとに目的や適した方法が異なります。効果的なリハビリと注意点を、主な症状別に説明します。

 

 

捻挫

傷めたじん帯自体は、適切な処置をすれば機能的に回復します。

リハビリでは、安静にしていた間に弱った足首回りの筋力を強化し、可動域・柔軟性・バランスを再獲得します。

安静が必要な時期を過ぎたら、少しずつ可動域を広げる可動域訓練からスタートし、水中エクササイズなど負荷を軽めに調整しながら進めていきます。

 

痛みや腫れを抑えるため、超音波や電気による刺激もリハビリ法の1つです。

痛みがある間は、サポーターや装具で足首を保護しながら行いましょう。

リハビリ初期は足首をひねる動作がない運動を行い、回復に合わせて徐々にひねる動作も取り入れます。

 

 

足底筋膜炎

痛みの出現を抑えるため、足指筋力の強化が効果的です。靴に中敷きを入れると、足指筋力が補助されます。

まずは、痛みを軽減するためにアキレス腱と足底筋膜のストレッチを中心に行います。アキレス腱伸ばしのストレッチが有効です。

 

 

アキレス腱炎

炎症と強い痛みが続くので、基本は安静を保ちつつ、徐々にアキレス腱のストレッチから進めていきます。

痛みと炎症を消炎鎮痛剤やアイシングで押さえながら、少しずつ行ってください。

靴のかかとが触れると痛むので、かかとの開いている靴がお勧めです。

 

 

どのリハビリも、無理をしないことが鉄則です。とりわけ腫れや痛みがある間は、患部が炎症を起こしているので、医師や理学療法師の指示に従ってください。

リハビリで痛みが引かない場合は、いったん中止して様子を見ましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/11/18-373121.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(足首)に関する記事

足首捻挫のリハビリ

     足首の捻挫と言えば誰でも経験したことがあると思います。 特に多い...

アキレス腱断裂の際のリハビリって具体的にどんなことをするの?

アキレス腱といえば、足のふくらはぎの部分からかかとにかけてある腱ですが、この腱...


お尻ストレッチで足首捻挫が楽になる!内転筋を鍛えて再発防止! ★図解イラストあり

  足首を捻挫した時にはリハビリが大切です。 中でも足首を捻挫しやすい人はお尻が...

温泉パワーで回復力アップ!~足首リハビリ

  関節疾患、とりわけ下半身の関節痛では、温泉を活用したリハビリが盛んです...

カラダノートひろば

リハビリ(足首)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る